> > 姉妹のおしりをペンペンして上乗せ『シンデレラブレイド』が発表
ニュース
新機種発表
姉妹のおしりをペンペンして上乗せ『シンデレラブレイド』が発表
ネット

シンデレラブレイド
ムダ引きを排除したユニークなART特化機『シンデレラブレイド』が、ネットより発表された。

本機は、ゲーム数上乗せ型ARTのみでコインを増やすタイプ。そのART突入は、通常ゲーム32Gごとに訪れるジャッジメントバトルの結果に委ねられることとなる。このバトルに勝利するための鍵を握るのが、32G間の通常ゲームだ。この区間は、各成立役に応じてバトルに使用する剣のレベルアップ(ART突入期待度の上昇)を抽選する。いつ、どの順番でレア小役が成立しても問題なし。モードアップ役の次にART突入期待度の高い小役を……といった煩わしさは存在しないのだ。

ART「武闘会」の初当たり時のゲーム数は40Gで、1Gあたりの純増枚数は約2.2枚。まずは、レア小役成立時の直撃上乗せに期待しよう。ここでの上乗せゲーム数は小さいことも多いが、上乗せ成功時は「姉妹バトル」に発展する可能性あり。

バトルをする姉妹は4人。攻撃型・守備型などそれぞれの個性はあるが、小役が成立したゲームはシンデレラ(プレイヤー)が攻撃して勝利へのチャンスに。リプレイorハズレ成立時は、姉妹(敵)の攻撃で、バトル敗北のピンチとなる。姉妹のヒットポイントをゼロにすれば勝利となるが、当然レア小役などの成立時は大きく削るチャンス。また、バトル終盤で逆押し青7揃いが炸裂すれば勝利確定だ。

奮闘虚しく敗れてしまっても、諦めるのはまだ早い。そのARTが継続している間に限り、バトルで削った分のポイントは、次回のバトルに持ち越されるのだ。1回で倒せなくても、2回、3回と積み重ねることによって勝利することも。ここも、ムダ引きを排除したゲーム性と言えよう。

バトルに勝利すると、いよいよ「おしりペンペンタイム」に突入。姉妹にお仕置きをする時がやってくるのだ。勝利後に1Gを消化すると、液晶画面に「おしりペンペンボタン連打でお仕置き」と表示される。それに従って、リール窓枠下のボタンを連打してみよう。1回ボタンを押すごとに、1G〜100Gの上乗せゲーム数と継続を抽選する。倒した姉妹によっても期待値は変化するが、その継続率は90%〜99%と破格なものとなっている。

4姉妹を全て撃破すると、最強の敵アーデルハイトが登場。攻撃力・防御力ともトップクラスの難敵だけに、これに勝利した際の「おしりペンペンタイム」はとんでもないことになりそうだ。

乳酸が溜まるまで続いて欲しい「おしりペンペンタイム」が魅力の『シンデレラブレイド』。導入は、2012年7月9日からを予定しているぞ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:シンデレラブレイド
このニュースの関連URL:ネット




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る