> > 漢のド直球パチンコ!『CR天地を喰らう』……豊丸より参上!
ニュース
新機種発表
漢のド直球パチンコ!『CR天地を喰らう』……豊丸より参上!
豊丸産業

CR天地を喰らう
2012年6月28日。東京・六本木「香和(かぐわ)」において、豊丸産業新機種プレス発表会が開催された。期待の新機種は『CR天地を喰らう』。

モチーフとなった「天地を喰らう」は、数々のヒット作を生み出している巨匠 本宮ひろ志の漫画作品。悠久の大河ロマン『三国志』を元にしているが、天界や魔界などが登場するなどオリジナルストーリーに近い内容のダイナミックなコンテンツだ。

張飛、劉備、関羽など「三国志」でお馴染みの英雄たちを始め、天界や魔界から様々なキャラクターが活躍する本宮ひろ志ワールドが炸裂。すでに、「ソーシャルゲーム:天地を喰らう」として展開され、モバゲー、mixiで数多くのユーザーに支持されている。

発表会は、「香和(かぐわ)」のショーダンサーによるダイナミックな演舞披露がオープニング。そして同社営業本部 本部長 永野弘之氏による挨拶と続いた。実機披露、PV上映に続いて、企画本部 佐藤健氏による機種プレゼンテーションが行われた。

『CR天地を喰らう』のスペックは3つ用意された。大当たり確率1/358.1、確変突入率78%のハイミドル。1/299.3、80%のミドル。そして、1/99.9、70%の甘デジタイプ。どのスペックも大当たり確変と確変のバランスが取れた仕様となっている。

潜伏、小当たり一切ナシで単純明快な遊技フローが特徴となっており、右打ちで消化する「天地ラッシュ」に突入すれば、ドル箱タワーを築くことも可能。通常変動中であれば何処からでも発生する予測不可能な先読み演出の数々が、いやがおうにもゲームを盛り上げる。さらに、天・地ロゴがド派手に昇降する「天地ギミック」や液晶を覆い隠す「天地シャッター」の動きがすごい。

パチンコ台では、「天地を喰らう(モバゲー、mixi)」との映像コラボは勿論のこと、モバイル端末で実機画像も楽しめる。リーチや予告は、原作の持っている世界観が余すところなく表現されている。新感覚の先読み演出「天地チャンス」など見所も多彩だ。

大当たりラウンド中バトルに敗れても、ボーナス終了後にリベンジバトルが待ち受けるゲーム性は、プレイヤーの期待感を決して裏切らないだろう。豪華楽曲や声優陣も魅力の『CR天地を喰らう』。全国のホールにその勇姿を現すのは、2012年夏だ。その日を楽しみに待とう!!

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR天地を喰らう
このニュースの関連URL:豊丸産業



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る