> > ニューギンからパチスロ新作『パチスロ兎−野生の闘牌−』が登場!
ニュース
新機種発表
ニューギンからパチスロ新作『パチスロ兎−野生の闘牌−』が登場!
ニューギン

パチスロ兎−野生の闘牌−
『真田純勇士すぺしゃる』の高い評価が記憶に新しいニューギンから、パチスロの新作『パチスロ兎−野生の闘牌−』が登場。各ショールームで展示試打会が催された。

本タイトルは竹書房から発行されている麻雀漫画雑誌「近代麻雀」にて連載されていた人気漫画。危険察知能力や豪運など、さまざまなスタイルを持つ多くの若者が麻雀で戦うといった内容となっており、パチスロとして登場した今作でも、前作『真田純勇士』から取り入れられた巨大液晶画面にて迫力ある闘牌シーンが繰り広げられる。

スペック的には現行ではもっとも流行といえるART主体のタイプ。ボーナスは2種類ほど搭載されているが、どちらも成立した時点でART確定となるプレミアム的役割。出玉のほとんどが通常時から突入するARTとなる。

ゆえにそのART性能はきわめて高く、1ゲームあたりの増加は2.0枚で、1セットは最低50ゲーム継続。セット数ストックとゲーム数上乗せの両性能を兼ね備えており、とにかくその上乗せ性能が高いのが特徴だ。

上乗せ特化区間である「覚醒RUSH」や「豪運RUSH」への突入率もかなり高く、さらにはそこで繰り広げられる液晶演出の盛り上がりは、原作を知る打ち手もそうでない打ち手も魅了されること間違いなしである。

試打会では原作でもある「兎〜野生の闘牌」のコミックが配られたが、本機種を打つ前には原作に目を通しておくことでそれぞれのキャラクターの個性を知っておくと、より楽しめること請け合いだろう。
本機のホール導入は2012年8月6日からだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ兎−野生の闘牌−
このニュースの関連URL:ニューギン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る