> > 拳でバトれ!! マッハを超えろ!! 『CR餓狼伝説〜双撃〜』……Daiichiよりリリース!
ニュース
新機種発表
拳でバトれ!! マッハを超えろ!! 『CR餓狼伝説〜双撃〜』……Daiichiよりリリース!
Daiichi

CR餓狼伝説〜双撃〜
Daiichiとしては、初の新内規対応機がついに発売になる。「拳でバトれ!! マッハを超えろ!!」がキャッチフレーズの『CR餓狼伝説〜双撃〜』である。

モチーフとなった「餓狼伝説」(がろうでんせつ)は、1991年にSNKが発売した2D対戦型格闘ゲームのシリーズ。本格的な対戦格闘ゲームとして、これまで多くのファンを獲得してきた。1992年には『バトルファイターズ 餓狼伝説』のタイトルでアニメ化され、1994年に劇場版『餓狼伝説 -THE MOTION PICTURE-』も公開された人気コンテンツである。2006年にはすでにパチスロとして発売され、市場の人気も高かったことでも知られている。

2012年7月10日。新機種説明会が行なわれた品川ザグランドホールは、期待の新機種ということもありメディア関係者などで大盛況となった。発表会は、戦略部部長の安藤隆氏の挨拶、進行で幕を開けた。プロモーション映像の紹介に続いて、商品開発本部の飯島勉、飯沼茂久両氏による詳細な機種ブレゼンテーションが行なわれた。

続いて、後半にはスペシャルゲストとして、カリスマ格闘家の桜井マッハ速人さんが登場。コンテンツである「餓狼伝説」に相応しいゲストトーク&フォトセッションで、会場を大いに湧かせた。

本機は格闘ゲームさながらのバトル演出で、KO=出玉とバトルの勝敗がそのまま勝負に直結する。そして、新内規を最大限に生かす新機構「加速装置」を搭載! これにより、バトルゲーム消化が飛躍的に速くなった。速さ&格闘バトル演出が今までにない伝説を生み出している。特筆すべきは確変ゲームの消化スピードにある。

また、特定の時間になるとパチンコ・パチスロ一斉に移行する「舞ちゃんバカンスモード」や、激アツ演出として、大一お得意の「てんとう虫柄」以外にも、SNKプレイモア社製の激アツ「ドキドキ柄」に加え、ハイパーお父さんなども登場するなど、双方にお互いのキャラクターを登場させるといった新たなコラボレーション展開も見逃せない。

ゲーム「餓狼伝説」のファンはもとより、パチスロ版『餓狼伝説☆双撃』ファンも含め幅広い支持を得るだろう。

スペックは、約1/399(1/46.1)、確変継続率80%のマックスタイプと、1/259.8(1/46.7)確変継続率74%のミドルタイプの二つ。基本的なゲーム性はほとんど変わりがないので、好きな方を選択してほしい。

『CR餓狼伝説〜双撃〜』は、2012年8月6日には全国デビュー予定。従来機種とは一線を画するパチンコだけに、関係各方面からの期待も高まっている。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR餓狼伝説〜双撃〜
このニュースの関連URL:Daiichi



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る