> > 古き佳き時代のアツさを最新システムで再現『トロピカーナ』が発表
ニュース
新機種発表
古き佳き時代のアツさを最新システムで再現『トロピカーナ』が発表
エレコ

トロピカーナ
パチスロが法整備される以前の0号機より脈々と受け継がれてきた名機種『トロピカーナ』が、復活を遂げる。オールドファンならば、間違いなく興味を惹かれるタイトルであろう。それだけに、完全告知機と年輩層でも簡単に打てるようになっている。が、しかし。単なる『トロピカーナ』の後継機ではなく、パチスロの歴史を体現した機種と表させて頂きたい。

シンプルなアツさと胡散臭いようにすら感じられる連チャン。『トロピカーナ』だけに限らず、古き佳きパチスロとはそういうものであった。その様々なエッセンスを現行5号機のシステムによって再現しているのだ。

本機のボーナスはARTを使った疑似ボーナスとなっている。1Gあたりの純増は約2.1枚。赤7揃いを契機に発動するBIGは66G継続するので、純増平均136枚。「赤7・赤7・BAR」揃いのREGは、22G継続で純増平均45枚となる。獲得枚数が多くないだけに、圧倒的な連チャンを体感できる。7をたくさん揃える喜びを味わえるのがポイントだ。

通常時のアツい瞬間は、チェリー(特殊リプレイ)成立後。通常の状態からもボーナスを抽選しているが、チェリー後は期待度が大幅にアップ。ハイビスカスが点滅したらボーナス確定。全リールに赤7を狙えばBIGもREGもフォローできる。絵柄も大きく見やすいので目押しはしやすいが、失敗した場合も押し順ナビに従って消化してさえいれば何度でも再チャレンジ可能。目押しを失敗しても、そのままART(ボーナス)発動となるシステムでも作れるが、やはり赤7を多く揃えるのがパチスロならではの楽しみだろう。

ボーナス後は、その圧倒的な連チャンに挑戦。チャンスゾーン(以下、CZ)中は、ボーナス確率が1/11と大幅にアップ。陥落リプレイを入賞させてしまう前に、告知が発生すれば連チャン確定となる(連チャン率は約40%)。1回連チャンした後はCZが最低16G保証となるので、ループ率は約80%に上昇。どの初当たりも等価に連チャンの期待が持てるのだ。

プレミアム役は、中段チェリー(特殊リプレイ)。ボーナス確定となるだけでなく、CZが32G保証となるのでループ率は約96%に!

今では当たり前となった「遅れ演出」も本シリーズが元祖。もちろん、発生したら激アツ!? オールドファンも現行のART機ファンも圧倒的な連チャンを楽しめる『トロピカーナ』の導入は、2012年9月24日から。25Φだけでなく30Φ版も登場するぞ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:トロピカーナ
このニュースの関連URL:エレコ



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る