> > 南国ガールズがパチスロデビュー『キュインぱちすろ南国育ち 1st vacation』が発表
ニュース
新機種発表
南国ガールズがパチスロデビュー『キュインぱちすろ南国育ち 1st vacation』が発表
オリンピア

キュインぱちすろ南国育ち 1st vacation
『南国育ち』の最新作は、シリーズ初となる液晶を搭載。同タイトルのパチンコのキャラクター「南国ガールズ」がゲームを盛り上げてくれる。言うならば逆輸入となる本作品だが、もちろんのことパチスロ『南国育ち』らしさが溢れる内容となっている。

本機はボーナスが存在せず、ARTとARTの疑似ボーナスでコインを増やすタイプとなっている。ARTの発動は、ゲーム数テーブルによる発動と、レア小役成立からの自力当選の2パターン。ゲーム数到達の前兆を示唆する「トロピカルナイトモード」と、自力高確率状態の「飛翔チャレンジ」からの当選に期待しよう。

ART「南国RUSH」は、1セット50Gで1Gあたり約2.0枚の純増で、ゲーム数上乗せタイプとなっている。ART中は、蝶図柄揃いでゲーム数上乗せに加え、上乗せ特化ゾーン「蝶RUSH(バタフラッシュ)」への移行を抽選する。蝶RUSHは、狙ってハズれるまで蝶図柄揃いが80%でループするもの。もちろん、蝶が揃うごとにゲーム数を上乗せしてくれるぞ。

また、ART中のレア小役成立は、ゲーム数上乗せだけでなく疑似ボーナス突入も抽選する。疑似ボーナスは、3種類。青7揃いと赤7揃いの南国BIGは、ART50G。BAR揃いの南国ボーナスはART20G。ボーナスのラスト8Gは「バタフライゾーン」となり、リール窓枠左にある蝶ランプが点灯すればボーナスの1G連が確定する。青7揃い後は1G連確定。赤7揃い・BAR揃い時の1G連は、初回ボーナス後のみ約25%。それをクリアした後は80%ループとなる。

このボーナス消化中も、レア小役などで南国RUSH(通常ART)のゲーム数を上乗せ。1G連だけでなく、さらなる上乗せも見込める『キュインぱちすろ南国育ち 1st vacation』の導入は、2012年10月15日を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:キュインぱちすろ南国育ち 1st vacation
このニュースの関連URL:オリンピア




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る