> > 傾奇者がパチスロに『戦国パチスロ花の慶次〜天に愛されし漢〜』が発表
ニュース
新機種発表
傾奇者がパチスロに『戦国パチスロ花の慶次〜天に愛されし漢〜』が発表
ニューギン

花の慶次〜天に愛されし漢〜
満を持してという言葉が相応しいだろう。パチンコでお馴染みの傾奇者、前田慶次がパチスロ界に参戦する。その名も『戦国パチスロ花の慶次〜天に愛されし漢〜』。キセル・百万石の酒・城門突破・傾奇ゾーン・七霧モード……数々の演出をパチスロにアレンジしつつ、新ストーリー演出なども大幅に追加。パチンコの同作ファンも気になる機種であろう。

気になるパチスロ機としての中身だが、純増約204枚のBIGと純増約45枚のREGも搭載した王道タイプのART機となっている。ART「修羅の刻」は1セット40G+αのゲーム数上乗せタイプで、1Gあたりの純増は約1.7枚。ARTゲーム数終了後は、毎ゲーム継続を抽選する「戦モード」に移行。ここでのループ率は50%〜85%だ。これに漏れても、殿モードでの引き戻しに期待!?

ART中は、1セット10Gのループ式高確率ゾーン「真修羅の刻」への移行に期待しよう。レア小役やSINなどでポイントが貯まると、毎ゲーム3桁ゲーム数上乗せが75%でループする「天武の極」に突入する。リプレイ以外で継続確定。レア小役成立ならば200G以上の上乗せ確定!? 4桁上乗せも狙える究極の上乗せ特化ゾーンと言えよう。

また、ART中に赤7揃いのカットインが発生したら「桜花乱舞」発生のチャンス。1回の赤7揃いで最大3回の上乗せが発生。それが80%ループするだけでなく、さらに必ずBIGも当選。この間は、キセル演出が乱舞と、パワーもインパクトも抜群の一撃コンボとなっている。

一撃要素はこれだけではない。BAR揃いの極BIGは、通常時に当選すれば高継続のART突入確定。ART中に当選すれば「天武の極」突入が確定するのだ。

どこからでも、傾奇る戦国パチスロ『花の慶次〜天に愛されし漢〜』の導入は、2012年11月5日からを予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:花の慶次〜天に愛されし漢〜
このニュースの関連URL:ニューギン



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る