> > 「バイオハザード5」が登場! 新筐体「PANDEMIC」が原作のコンセプトを忠実に再現
ニュース
新機種発表
「バイオハザード5」が登場! 新筐体「PANDEMIC」が原作のコンセプトを忠実に再現
エンターライズ

バイオハザード5
主にCAPCOMのゲーム系版権機種を手がけるエンターライズからパチスロ新機種『バイオハザード5』が発表され、9月27日、東京ドームプリズムホールにて展示試打会が催された。

もはや知らぬ人とはいないと言えるほどの人気ゲームであるバイオハザード。そのタイトルが持つ独特のおどろおどろしい雰囲気に染められた会場は、多くの関係者で埋め尽くされた。また、同会場にはFIELDSモバイル会員が特別招待され、一足先に期待の新機種を楽しんだ。

さて、本機の特徴としてまず目をひくのが、今回初のお披露目となった新筐体「PANDEMIC」だ。バイオハザード5の世界観にふさわしい「感染症」を意味するこの筐体はバイオハザード5専用となっており、これまでのパチスロでは見られなかった工夫が随所に凝らされ、その恐怖にみちた世界観を最大限に引き出そうとしている。

中でも一番の見所はリール右部に設けられた第2の液晶画面「Movision」。「Move」と「Vision」のかけあわせで名づけられたと思われるこの第2の液晶は可動式となっており、プレイ中の随所でチャンスナビ、ステージ示唆、モード示唆などのシーンで活躍することになる。2つの液晶画面が繰り広げる新感覚のゲーム性は、多くのプレイヤーを釘付けにすること必至であろう。

また、ゲーム性に関しても目を見張る部分は多く、ARTのみ搭載の2.3枚増加タイプである本機ではそのゲーム数上乗せ性能がポイントとなる。特に、「増殖・変異」をイメージしたゲーム数上乗せ演出はぜひ一度体感していただきたい必見の演出だ。

2012年12月上旬より全国のホールへ導入予定の「バイオハザード5」。年末を盛り上げる最も有力なタイトルとなることは間違いなさそうだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:バイオハザード5
このニュースの関連URL:エンターライズ



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る