> > 天運招来でART性能が一気に加速『麻雀物語2』が発表
ニュース
新機種発表
天運招来でART性能が一気に加速『麻雀物語2』が発表
オリンピア

麻雀物語2 激闘!麻雀グランプリ
4号機時代の最後はストック機として人気を誇った『麻雀物語』が5号機になって帰ってくる。

本機は、通常時からリプレイ確率が高い2012年型の新ARTシステムを採用。ART「麻雀グランプリ」への突入は、ゲーム数テーブルによって管理されている発動ゲーム数到達がメインとなる。

ART「麻雀グランプリ」は1Gあたり約2.8枚の純増で、1セット40G+αのゲーム数上乗せタイプ。チャンス役成立時に、即乗せとバトル突入をダブルで抽選。バトル勝利時は、上乗せ or 「麻雀RUSH」突入となる。「麻雀RUSH」は4G継続する上乗せ特化モードで、毎ゲーム上乗せが発生。50%でループと連続性アリだ。また、ART中に白7絵柄が揃えば疑似ボーナスの「麻雀BONUS」に突入。こちらは30Gが1セットで、消化中のチャンス役成立で必ずARTゲーム数を上乗せしてくれる。

ARTゲーム数消化後は、引き戻しに期待。「パトランランチャンス」移行時は5G or 10Gの間、毎ゲーム上乗せを抽選する。キュイン♪と鳴るたびに50G以上を上乗せ。突入時は必ず1キュイン♪は保証されるのでART再突入確定だ。パトランランチャンス非突入時でも、まだまだチャンスあり。「初代モード」発生で4G間の引き戻しチャンスに。ART再突入期待度は50%だ。

「麻雀RUSH・麻雀BONUS・パトランランチャンス・初代モード」これら4つの付加的な要素を加速させるのが「天運招来」だ。「超麻雀RUSH」は中段チェリーから突入するが、それ以外は突入時に天運招来ランプが点灯するかどうかに注目。ランプ点灯時には上乗せ性能が大幅にアップする。

上乗せ多面待ちを誇るARTが魅力の『麻雀物語2 激闘!麻雀グランプリ』のホール導入は、2012年11月19日からを予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:麻雀物語2 激闘!麻雀グランプリ
このニュースの関連URL:オリンピア




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る