> > 戦慄の瞬発力を持った『ゴルゴ13 -薔薇十字団の陰謀-』が発表
ニュース
新機種発表
戦慄の瞬発力を持った『ゴルゴ13 -薔薇十字団の陰謀-』が発表
オリンピア

ゴルゴ13 -薔薇十字団の陰謀-
5号機としてはシリーズ2作目となる『ゴルゴ13 -薔薇十字団の陰謀-』が発表された。本機は、通常時からリプレイ確率が高い2012年型の新ARTシステムを採用。ART「ゴルゴRUSH」は、1セット50G+αで、1Gあたりの純増2.8枚となっている。

ARTへの突入は、ゲーム数テーブルによって管理。また、チャンス役成立時にも自力突入を抽選している。10G継続するゴルゴミッション時は、1/2.5で抽選されているリプレイ入賞時にART突入を抽選してくれるぞ。さらにスーパーゴルゴミッションとなれば、期待度が51%となりARTだけでなく、上乗せ特化演出の「アサルトRUSH」突入も確定する。

ART「ゴルゴRUSH」中のレア小役成立時に、ゲーム数上乗せと疑似ボーナス「ゴルゴボーナス」突入を抽選する。ゴルゴボーナスは基本的に1セット30G。ボーナス開始時に赤7がWラインで揃えば、34G継続のエンディングボーナスとなり上乗せ性能が大幅にアップ。さらに終了後は「ハイパーゴルゴRUSH」移行も確定する。また、通常のゴルゴボーナス中も、消化中の赤7揃いで「アサルトRUSH」をストック。シングル揃いなら1個、Wライン揃いなら2個。合計3個以上の獲得でもハイパーゴルゴRUSH移行となる。

特殊リプレイとなっているゴルゴ13絵柄揃いから始まる「アサルトRUSH」は、フリーズ機能を用いた0G連の上乗せ特化演出となっており、1回のゴルゴ13絵柄揃いで30G or 50G or 100Gを上乗せ。それが50%〜91%でループする。このアサルトRUSHを誘発する状態が「ハイパーゴルゴRUSH」。突入後、最初のアサルトRUSH終了から10G間、1/3.3でアサルトRUSHを抽選。理論上は、平均4回のアサルトRUSHを受けることができるのだ。

ART終了後も、MAXBETボタン連打による復活抽選あり。期待度は約20%となっている。また、ゲーム数管理型となっているので、天国モード滞在での連チャンにも期待。連チャンゾーンは、ゴルゴ13にちなんで130Gまでとなっている。

『ゴルゴ13 -薔薇十字団の陰謀-』の導入は2013年1月7日からを予定。あの男に連絡しながら導入の日を待とう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:ゴルゴ13 -薔薇十字団の陰謀-
このニュースの関連URL:オリンピア




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る