> > ドラゴンループで燃え上がれ! 『パチンコCR燃えよドラゴン』……高尾から
ニュース
新機種発表
ドラゴンループで燃え上がれ! 『パチンコCR燃えよドラゴン』……高尾から
高尾

パチンコCR燃えよドラゴン
2013年2月4日。東京上野グレースバリにて、期待の新機種発表会が行われた。新機種の名は『パチンコCR燃えよドラゴン』。発売元はユニークな機種開発では定評がある高尾。

新機種のモチーフとなった「燃えよドラゴン」は、1973年製作、公開のブルース・リー主演のカンフー映画。全世界で9千万ドルもの興行収入を上げたことでも知られるメガヒット作品である。公開当時から今まで、熱狂的なファンを持つカンフー映画の最高傑作と言えるだろう。

その魅了的なコンテンツが高い開発力を持つ高尾の手で、爆発力のあるパチンコ台として仕上がった。新機種プレス発表会は迫力のあるヌンチャクパフォーマンスで幕を開けた。そして高尾代表取締役副社長 内ヶ島隆寛氏の挨拶に続いて、広報宣伝室主任 河津哲也氏によって詳細な機種説明が行われた。

最後にブルース・リーをこよなく愛するヌンチャクアーティスト「宏樹」さんが再登場。熱く楽しいトークショーと、ヌンチャクでシャンパンを開けるスーパーパフォーマンスが披露され、大拍手を浴びた。

話題満載の『パチンコCR燃えよドラゴン』だが、なんと言っても特筆すべきはそのスペック。連チャンゾーンの「超ドラゴンラッシュ」は、破格のST160回転。その継続率はマックスタイプならば、約90%にも及ぶ。これはパチンコ史上最高峰の継続率。しかも、ST中の大当たりの66%は、2000発オーバーの「燃えよドラゴンボーナス」であり、波に乗った時の出玉性能は、現行機種では最高峰と言えるだろう。スペックは、1/394.8(確変中:1/69.9)のマックスタイプと1/299.3(確変中:1/69.9)のミドルタイプの2機種が用意された。

さて、ファンならずとも気になるゲームアクションだが、シリーズ最大量となる予告には、映画内容はもとより、パチンコならではの図柄を多用した演出を満載! モード演出は先読みをふくめ、通常時、ST時合わせて20種類以上ある。

リーチもすごい。ブルース・リーファンが「ニヤリ」とするような細かいこだわりも取り入れ、全演出に映画「燃えよドラゴン」の世界観を再現! しかも映画では登場しなかった対決シーンも盛り込まれている。「死闘龍虎リーチ」は見応えも期待度も満点だ。

ST中は、迫力のバトルが展開される。「燃えよドラゴンボーナス」を重ねるごとに映画同様にストーリーが進んでいく。ブルース・リーが勝てば勝つほどドル箱が積み上がっていく。全国のホールデビューは、2013年3月下旬以降の予定。その日を楽しみに待とう。

「考えるな、感じろ!!」(ブルース・リーの名セリフ)

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチンコCR燃えよドラゴン
このニュースの関連URL:高尾



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る