> > 装いも新たにベルコから『鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編』が発表
ニュース
新機種発表
装いも新たにベルコから『鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編』が発表
ベルコ

鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編
ベルコが2年の歳月をかけて開発体制を一新。そして沈黙を破り、新機種『鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編』を発表した。

通常時からリプレイ確率の高い2012年型ATシステムを採用。そのATへの突入は、ゲーム数テーブルによる当選・レア小役成立時の直撃・鬼メーター満タン時の抽選を経由するのがルートとなる。いずれの当選時も、まずは「昇格演出」という格上げゾーンに突入。基本的には疑似ボーナスに当選するが、AT「狂乱麗舞」に直接当選することもある。疑似ボーナス・ATともに1Gあたりの純増は約2.8枚だ。

疑似ボーナスは4種類。それぞれ発動契機となる図柄揃いに応じて内容が変化する。白BAR揃いの特攻ボーナスは50G継続し、AT突入期待度は4.5(5段階評価)。赤7揃いの男ボーナスは、50G継続し、AT突入期待度は3.5。青7揃いの成り上がりボーナスは、30G〜150G継続でAT突入期待度は3.5。「赤7・赤7・BAR」揃いのボーナスゲームは、25G継続でAT突入期待度が2.0となる。ボーナスゲームは、イントロを完成させると男ボーナスに昇格するぞ。

AT「狂乱麗舞」は、1セット40G+αのゲーム数上乗せ型。ストック上乗せのほかに、継続率によるループも抽選する。AT開始時に発生する旗揃い演出に成功すると、継続期待度の高い隊長ステージに突入する。最大7Gのバトル「仁義なき争い」で勝利すれば、AT継続確定だ。

上乗せ特化システムは2種類。「鬼メダルゾーン」は5G継続し、ゲーム数上乗せが毎ゲーム発生。レバーを叩く前に液晶上で3種類のゲーム数が表示され、押し順小役成立時はその位置に表示されているゲーム数が上乗せされる。レア小役など押し順不問だった場合は、3種類のうち最も多いゲーム数を獲得できる模様。

「鬼神乱舞」は、10G継続するストック特化ゾーンだ。押し順メットの約1/3でセット数上乗せを抽選。レア小役は激アツとなり、スイカからの上乗せ成功時は複数セットの上乗せが確定する。

この「鬼メダルゾーン」と「鬼神乱舞」は、それぞれ最終ゲームで極限突破する可能性あり。極限突破すると、それぞれの上乗せ特化システムがループする。大量獲得必至の展開が予想されよう。

翔フリーズはAT5セット以上!? コウヘイフリーズは、どこまで続くかわからない無限ATに。お馴染みのキャラが所狭しと暴れ回る『鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編』の導入は、2013年4月中旬を予定しているぞ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:鬼浜爆走紅蓮隊 友情挽歌編
このニュースの関連URL:ベルコ



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る