> > 武将決闘にアツさを集約『パチスロ戦国嵐−覚醒の章−』が発表!
ニュース
新機種発表
武将決闘にアツさを集約『パチスロ戦国嵐−覚醒の章−』が発表!
三洋物産

パチスロ戦国嵐−覚醒の章−
三洋より新機種『パチスロ戦国嵐−覚醒の章−』が発表された。本機は、通常時からリプレイ確率が高いATシステムを採用。AT「覇王チャンス」は、1セットが30G or 50G or 70G or 100G。疑似ボーナスは、赤7揃いから発動するBBが1セット30G。ボーナス開始時にフリーズしてBARが揃うとスーパーBBとなり1セットが100Gに。ATと疑似ボーナスは1Gあたり純増約2.7枚だ。1Gあたりの純増は約2.7枚となっている。

ARTへの突入は、ゲーム数テーブル管理による当選とチャンスゾーンでの自力当選の2パターン。ゲーム数当選時は前兆の「軍議モード」を経由。自力チャンスゾーンは「武将決闘」となっている。この2種類の好機は、設定1でも約1/82で到来という期待感の多さが特徴だ。

まずは、アツさが集約されている「武将決闘」から解説しよう。通常リプレイ成立で敵からの攻撃を受け、小役や特殊リプレイ成立で味方(羽柴秀吉・お市・柴田勝家の3人から選択可能)の攻撃となる。液晶上部に表示された敵の体力ゲージをゼロにできれば勝利となる。

通常時から突入する自力チャンスゾーンとしての武将決闘は、最大30G継続で勝利期待度は40%オーバーとなる。

AT「覇王チャンス」中のレア小役成立時は、究極上乗せ特化ゾーンの「夢幻の刻」突入とゲーム数上乗せに期待。10G継続する夢幻の刻は、疑似ボーナス当選 or ゲーム数上乗せが毎ゲーム発生。疑似ボーナスは超高確率となっているだけでなく、最終ゲームでは必ず疑似ボーナス当選となるぞ。ゲーム数上乗せ成功時は、約1/3で疑似ボーナス当選 or 疑似ボーナス高確の「覚醒ゾーン」に移行する。覚醒ゾーンからの疑似ボーナス当選期待度は約50%だ。

ATゲーム数終了後と、疑似ボーナス終了後も「武将決闘」が発生する。こちらは、いずれも最大20G継続。AT終了後の継続を賭けたバトルは勝率約50%。疑似ボーナス終了後は、勝率約40%でボーナスの1G連が発生する。この武将決闘で勝利し続け、13人の敵武将を撃破すると「本能寺決戦」へ。本能寺決戦は継続期待度80%超のループモードだ。この本能寺決戦には、通常時のフリーズ(逆押しBAR揃い)からも突入するぞ。

AT中は強力なアイテムゲットで、武将決闘が優位になる。『戦国嵐−覚醒の章−』の導入は、2013年4月8日からを予定しているぞ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ戦国嵐−覚醒の章−
このニュースの関連URL:三洋物産




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る