> > 純正萌えスロが誕生『まじかるすいーとプリズムナナ』が発表!
ニュース
新機種発表
純正萌えスロが誕生『まじかるすいーとプリズムナナ』が発表!
DAXEL

まじかるすいーとプリズム・ナナ
DAXELより新機種『まじかるすいーとプリズムナナ』が発表された。

美少女キャラに定評のあるイラストレーターのカントク氏と、近年では「魔法少女まどか☆マギカ」を製作したことで知られるアニメ製作会社のシャフトがコラボした作品。2012年のコミケで話題が沸騰。今後の展開にも期待されているが、その先駆けとしてパチスロとなって登場する。まさに、職人が作った純正の萌えスロと言えよう。

パチスロ機としての中身だが、ボーナス非搭載のART機。ART1Gあたりの純増は約2.0枚。ARTは疑似ボーナスとなっており、プリズムボーナスが100G継続で約200枚の純増。プリズムチャンスは、小役7回成立のセットの継続型で平均約75枚の純増となる。この疑似ボーナス中は、液晶上でメダル図柄が揃えば1G連を獲得。なお、液晶上で虹7が揃うスーパープリズムボーナスは、継続こそ100Gと同じだが1G連の期待度が約70%と跳ね上がるぞ。

そのARTへの突入は、ユニークな方式が採用されている。400Gの周期ごとにチャンスは訪れるが、「ネクストチャンス」発生時は、周期の残りゲーム数を表示。また、レア小役成立などで残りゲーム数を大幅に減算してくれることもある。それ以外にも、通常の前兆となる「カラフルゾーン」や、自力要素のあるバトル「マジカライズゾーン」を経由するパターンもあるぞ。

天井救済機能も2種類用意されており、1つは疑似ボーナス間900Gとわかりやすいものに。もう1つは、最大400Gの周期抽選が3連続で当選しなかった場合。次の4回目となる周期到達で疑似ボーナス確定となる。こちらは、途中で他の契機からの疑似ボーナス当選を挟んでも大丈夫だ。

プレミアム役は、「1/8192の奇跡」なる衝撃のフリーズが発生。疑似ボーナス5回が確定するぞ!

全面液晶はタッチパネル方式となっており、好みのキャラを選択可能。また、プリズムボーナスでは消化中に流れるPVを4種類選択可能。『まじかるすいーとプリズムナナ』の導入は、2013年5月20日からだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:まじかるすいーとプリズム・ナナ
このニュースの関連URL:DAXEL



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る