> > 名機・マジカペ完全復活!『CRマジカペ』……ジェイビーより。
ニュース
新機種発表
名機・マジカペ完全復活!『CRマジカペ』……ジェイビーより。
ジェイビー

CRマジカペ
羽根物ファンのパチンカーに朗報。超人気羽根ものとして一世を風靡した「マジックカーペット」が還ってくる。発売元は、SANKYO系列会社のジェイビー。羽根物本来の玉の動きによるゲーム性が魅力的な新機種の名はズバリ『CRマジカペ』だ。

その名前を聞いただけで往年のファンは感涙ものかもしれない。それくらい人気と認知度が高い機種が前身機なのだ。今作は、その当時の雰囲気をそのまま残しつつ、2013年らしい進化も遂げている。

ここ数年、羽根物自体の発売も少ないが、発売された機種の多くは大当たり時にラウンド数がデジタルで決まるものだった。しかし本機種は違う。あくまで大当たりラウンドは自力継続なのだ。

すべての大当たりに16R完走のチャンスがある。展開が良ければ、早い初当たりと16R完走がからんで、羽根物といえども爆発的な出玉を獲得できる可能性もある。羽根に拾われて上部のカーペット役モノに貯留された玉がVゾーンに入る瞬間は、羽根物本来が持っていたハラハラドキドキ感を完全再現している。

「玉の動きに一喜一憂する!」これこそ正しい羽根物と言える。ラウンド継続率は約93%と、釘調整と運に恵まれれば、楽しさはデジパチの比ではないかもしれない。

通常時の大当たりも1/6の「ノーマルルート」と1/3の「スペシャルルート」に振り分けられた玉の挙動が最高にスリリング。その他、カーペットに乗らなかった玉の復活チャンスルートもあり、長時間打っても決して飽きることはないだろう。

ゲーム性はシンプルな羽根物そのものだが、演出上は二つ選べる。オールドファンも納得の「クラッシックモード」とボタン連打ゲームも発生する「マジカペモード」。初代の音やBGMを楽しみたい人は迷わず「クラッシックモード」。背景が回転してカーペットに乗るか背景の色で判別できるスリリングな「マジカペモード」……どちらも楽しいので好みで選ぼう。

また本機種は、羽根開放中の連続入賞も保留機能を搭載したことでサポート。無駄とがっかり感を軽減している。1チャッカー2チャッカー共に、保留玉を一個搭載することでユーザーのストレスを排除しているのだ。また止め打ちをする必要もなくなり、誰にでも安心して遊べる仕様だ。

全国のホールにその姿を現すのは2013年5月20日からの予定。見かけたら是非遊技にチャレンジしてほしい期待の新機種、それが『CRマジカペ』だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRマジカペ
このニュースの関連URL:ジェイビー




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る