> > AT界に旋風を巻き起こす新システム「あべしステム」を引っさげ『パチスロ北斗の拳 転生の章』登場!
ニュース
新機種発表
AT界に旋風を巻き起こす新システム「あべしステム」を引っさげ『パチスロ北斗の拳 転生の章』登場!
サミー

パチスロ北斗の拳 転生の章
サミーが新機種『パチスロ北斗の拳 転生の章』を発表し、2013年4月15日、新機種発表会を開いた。

会は、サミー株式会社代表取締役COO青木茂氏の挨拶からはじまり、同社執行役員PS研究開発本部長星野歩氏による機種コンセプトの説明に続き、同社営業企画部遊技機広報グループ古川東洋氏により機種詳細について明らかにされた。さらにサプライズゲストとして、川越達也さんとソンミさんが登場した。

今年で漫画『北斗の拳』が生誕30周年。それゆえにパチンコでの北斗に引き続きの発表となる本機だが、パチスロ版に関してはこれまでにはないゲーム性を搭載しているということもあり、多くの注目を浴びている。

その新しいゲーム性を生み出すシステムが「あべしステム」。これまでのAT・ART機のゲーム性の常識からすると、何かしらのゾーンでプレイヤーの獲得したゲーム数はそのままATやARTの消化ゲーム数に「加算」されるのが一般的だったが、新生北斗ではそこが異なる。

本機は既存のゲーム数解除というゲーム性に似ているのだが、その常識を覆す「あべしステム」という新システムを搭載している。カウントされるのは液晶画面左上に表示されている「あべし」であり、1ゲームにつき、1あべしが増えていく。規定あべし数に達するとAT突入となるのだが、このあべしを一挙大量獲得できる特化ゾーンも用意されている。一気にATを手繰り寄せ、さらには規定あべし数を超えて獲得した分の“残りあべし”はAT終了後に持ち越され、次回AT突入に使用することができるため、一切の引き損はナシ……と言うのが最大の特徴だ。

現行のAT機は特にその内部構成の影響もあり似通ったゲーム性のものが増えすぎていたが、ここに来て久々に革命的な一台が生み出されたといえよう。

気になる登場は、2013年6月3日よりホールに導入される予定。AT機の過剰な増殖によりプレイヤー人口を確実に減らしつつある今のパチスロ界。われらがケンシロウこそが今後が懸念されるこの世界を救う、救世主となることは間違いないであろう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ北斗の拳 転生の章
このニュースの関連URL:サミー



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る