> > お尻ペンペンタイムが再び!『スナイパイ72』が発表
ニュース
新機種発表
お尻ペンペンタイムが再び!『スナイパイ72』が発表
ネット

スナイパイ72
『シンデレラブレイド』の開発チームが贈るOPT(お尻ペンペンタイム)第2弾として、新機種『スナイパイ72』が発表された。システムは通常時よりリプレイ確率の高いATシステムへと変更されたが、叩き甲斐のあるシンプルなアツさを持ったゲーム性を継承。1Gあたりの純増枚数は約2.9枚とアップしているので、虹のペンペン棒からの誤爆力も大幅に上昇しての登場だ。

OPTを消化するには、まずはATから。そのATへの突入は、天井からのAT発動やプレミアムフリーズといったイレギュラーな形以外、すべて自力チャンスゾーン(以下、CZ)を経由するのが特徴だ。CZは4種類あり、それぞれのAT期待度は20%〜55%で、CZが発動しやすい状態も存在。高確・天国滞在からのCZ移行に期待しよう。状態移行はゲーム数テーブルによって管理されているので、攻め時・ヤメ時といった知識介入も押さえて実戦するようにしよう。

CZ突入抽選やCZ中のAT抽選でポイントとなるのが「小役コンボ」の概念だ。通常機種ではレア小役の成立だけで抽選を発生させるが、本機では成立した小役が過去4Gの履歴にあればチャンスアップ。出現率の高い弱い小役でも5連続入賞などのコンボが発生すると大チャンスとなるのだ。この小役コンボシステムは、AT中もカギを握るぞ。

AT突入時は、まず「ターゲットチャンス」に移行。最低でも10G継続する間、本ATとなる「激走タイム」の継続ゲーム数を抽選する。激走タイムは、最低でも30Gを獲得できるので、AT1セットは最低でも40G以上となる。激走タイム中は、敵の車に追いつくと発生する「激走バトル」を目指そう。チャンス目成立は、それだけでバトル発生確定。それ以外は、小役コンボなどを駆使して少しずつでも間合いを詰めていこう。メイン役のベル5連でも間合いを1つ以上詰めることは確定。6連、7連と続くのもレア小役なしにコインをモリモリと増やしつつバトル発生となるオイシいパターンだ。

激走バトルは、主人公のミウのHPがなくなるまでに敵のHPをゼロにできれば勝利確定。勝利した時点で、まずはターゲットチャンスに移行。このターゲットチャンス中に発生する逆押しナビに従って「72図柄」が揃えばOPT発動だ。OPTの上乗せ&継続率は「72図柄」の揃うライン数によって期待度が変化。シングル揃いならば90%以上、ダブル揃いなら95%以上、トリプル揃いなら98%以上確定となる。

このように、期待度はある程度目に見える形となったが、『シンデレラブレイド』と同様に倒した相手によってトリプル揃いになる期待度などは変化する。また、バトル中とバトル勝利後のターゲットチャンスもATゲーム数は減算されないので、密かにお得。最初に倒しやすい敵と遭遇できるかといった展開運も同様となりそうだ。

そんな基本は同じOPTだが、今回はさらなるお得要素が。1回のバトル勝利で複数のOPTが発動する可能性もあるのだ。バトル勝利から移行したターゲットチャンスが続いている限り、さらにカットインが発生して複数回「72図柄」が揃うことも。ターゲットチャンス中のチャンス目成立は、そこから4G間のナビ発生高確状態となるので大チャンスだ。

通常時はCZ突入に期待、AT中はバトル発生からのOPTに期待。わかりやすい流れが引き立てるシンプルなアツさを継承した『スナイパイ72』の導入は、2013年6月17日からを予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:スナイパイ72
このニュースの関連URL:ネット




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る