> > ざわ……ざわ……『回胴黙示録カイジ3』が発表
ニュース
新機種発表
ざわ……ざわ……『回胴黙示録カイジ3』が発表
ロデオ

回胴黙示録カイジ3
ロデオより新機種『回胴黙示録カイジ3』が発表された。もちろん、福本伸行氏による人気漫画がモチーフだ。今作は2007年に放映されたアニメの映像を採用。過去のシリーズ機と同様に全面液晶となっているが、今回はタッチパネル方式に。チャンスボタンを搭載していないので、ここぞという時は液晶をタッチして演出を発展させ、福本ワールド全開の勝負を楽しもう。

システムは、通常時からリプレイ確率の高いAT機。ATへの突入は、ゲーム数管理テーブルによって抽選された規定ゲーム数到達と自力高確ゾーン「レア役RUSH」を経由しての当選がメインルート。レア役RUSH中は、通常時は約1/30のレア小役出現比率が約1/2.6と大幅にアップ。

AT「黙示録モード」は、1セットが30G〜300Gで1Gあたりの純増2.6枚のゲーム数上乗せ型。継続率50%〜89%のループ連チャンにも期待ができる仕様となっている。1セットの最低保障30Gは少なく感じるかもしれないが、継続を賭けたストーリーバトルは約20G継続。それも含めると約50Gの継続と考えることもできる。

AT中の上乗せ特化ゾーンは2種類。AT中のレア役RUSHは上乗せ獲得のチャンスが大幅に増加。そして、10G or 20G継続する上乗せ特化ゾーンの「希望の船ステージ」。限定ジャンケンに勝利して星を獲得できれば、上乗せ確定となる。

レア小役成立時に獲得した上乗せが10Gだった場合も、倍々でゲーム数が加算される「倍プッシュ」演出が発生し、大きく化ける可能性があるぞ。

新たに変則麻雀の「17歩」を描き起こすなど原作ファンも見逃せない『回胴黙示録カイジ3』は、2013年9月2日から導入開始予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:回胴黙示録カイジ3
このニュースの関連URL:ロデオ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る