> > 1G連とシャッターチャンスが帰ってきた『ボンバーパワフル2』が発表!
ニュース
新機種発表
1G連とシャッターチャンスが帰ってきた『ボンバーパワフル2』が発表!
SANKYO

ボンバーパワフル2
パチンコの歴史的シリーズ『フィーバーパワフル』からのスピンオフ作品として始まった『ボンバーパワフル』。その初代の登場から9年の時を経て、最新作『ボンバーパワフル2』が発表された。犬群やロングダックス、そしてシャッターチャンス。お馴染みの演出が帰ってきたぞ。

システムは、通常のボーナスがない完全ART機。1Gあたりの純増は約2.4枚と高速タイプになっている。ARTの突入は、ゲーム数管理テーブルによって抽選された規定ゲーム数到達と自力高確ゾーン「ボンバーチャレンジ」を経由しての当選がメインルート。また、レア小役からの直撃も抽選している。

ARTは疑似ボーナスとなっている。青7揃いと赤7揃いはBIG扱い。「青7・青7・赤7」揃いはREG扱いだ。REGはナビ回数管理で、5回〜66回の押し順ベルナビが発生するまで継続。消化中はBIGに昇格することも。BIGは、前半のナビ回数管理パート「ボンバーゲーム」と後半のゲーム数上乗せパート「パワフルゲーム」に分けられる。

ボンバーゲームは、ナビ回数が5回〜66回。この間は、レア小役成立とリプレイの連続入賞で爆弾を獲得する。リプレイの連続入賞は、BIG開始時の揃い方によって規定回数が変化。青7揃い時は4回、赤7ダブル揃い時は6回、赤7シングル揃いは8回となる。このカウントは、中段ベル揃い以外継続するのが特徴。レア小役成立や純増を加速させるためのミニボーナスの入賞・消化で終了することはない。

ベルナビの規定回数を消化した後は、パワフルゲームに移行。まず開始時に30G or 50G or 100Gを獲得。これにボンバーゲームで獲得した爆弾を使ってゲーム数を上乗せする。パワフルゲーム中は、チャンス役成立時のゲーム数上乗せ抽選・疑似ボーナスの1G連・上乗せ抽選役のチャンスリプレイが高確率となる状態への移行・上乗せ0G連演出「ビッグバンスパーク」・上乗せ特化ゾーン「ギャラクシーロード」と5つの期待が広がる。

ギャラクシーロードは、10G+α継続。毎ゲーム押し順ベル以外で、ゲーム数上乗せ・ビッグバンスパーク・疑似ボーナス1G連とトリプルで上乗せを抽選する超強力な仕様となっているぞ。

REGは、登場キャラによって次回モードを示唆するだけでなく、サウンドも初代を継承。懐かしさとパワーアップが融合した『ボンバーパワフル2』は、2013年9月17日からの導入予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:ボンバーパワフル2
このニュースの関連URL:SANKYO




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る