> > 伝統の虹7が帰ってきた! アクロス第2弾『リバティベルV』が発表
ニュース
新機種発表
伝統の虹7が帰ってきた! アクロス第2弾『リバティベルV』が発表
アクロス

リバティベルV
『クランキーコレクション』で鮮やかなデビューを果たしたユニバーサル系の新ブランド「アクロス」。その第2弾となる新機種『リバティベルV(ファイブ)』が発表された。今回は、目押しマシンではないので初心者でも安心して打てる仕様となっている。

機種の解説の前に。歴史あるタイトルの復活について書かせていただきたい。『リバティベル』の名前の由来は、1899年に登場したアメリカのスロットマシン……となるが、日本ではパチスロの法整備が整う前の0号機から、やはりユニバーサルより発表されている。その後、2号機時代に『リバティベルIII』。そして『リバティベルIV』が1990年に登場。それ以来、23年振りとなるシリーズの復活となるのだ。ちなみに、ロゴはIIIとIVと同じものが使われているぞ。

ちなみに、今回採用された7絵柄は『リバティベルIV』の虹7だ。今でこそキャラが描かれた7絵柄なども多いが、当時としては斬新なデザインだったのだ。その虹7も、1998年の『レインボークエスト』以来15年振りとなる。この虹7を揃えてみたいと思うオールドファンも多いことだろう。

そんな『リバティベルV』だが、パワーのあるARTの連チャンを完全告知で楽しめる機種となっている。純粋なボーナスはないので、疑似ボーナスとなっているARTでコインを増やしていこう。その疑似ボーナスの当選は、リプレイの連続がカギを握る。通常時はリプレイ3連続以上でチャンス。5連続でART確定だ。右上がり斜めリプレイ直後は、リプレイ&疑似ボーナス直撃高確状態に移行するぞ。

疑似ボーナスは1Gあたり約2.0枚の純増で、虹7揃いのBIGは100G継続。「虹7・虹7・BAR」揃いのREGは50G継続。また、ピエロ揃いはプレミアム的存在のエクストラボーナスで250G継続となっている。消化中のリンゴ揃いは、上乗せ高確状態に移行。リールが逆回転するリバースセブンラッシュで50G〜500Gの上乗せだ。さらに疑似ボーナス終了後1G目には、自動的に7が揃うボーナスの0G連も用意されている。

疑似ボーナス終了後は、連チャンに期待しよう。天国モードでは66%ループ、プレミアムモードでは90%ループで大当たり確率がアップ。ここも通常時と同様にリプレイの連続が重要となるが、リプレイ2連でも大チャンスとなるのが特徴だ。

懐かしのブッタカテンパイ音が鳴り響くことも。『リバティベルV』の導入は、2013年9月17日を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:リバティベルV
このニュースの関連URL:アクロス



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る