> > あの有名漫画『押忍!!空手部』が再びパチンコで登場!
ニュース
新機種発表
あの有名漫画『押忍!!空手部』が再びパチンコで登場!
aaa

CR押忍!!空手部 激闘編
パチンコメーカーのエース電研は2013年9月11日、本社会議室(東京都台東区)にてパチンコ新機種を発表。あの有名漫画で第2弾パチンコとなる『CR押忍!!空手部 激闘編』だ。同機は通常演出を盛り上げる新要素"21パターン"のゾーンが搭載され、通常ゲーム中、間断なく展開されるほか、上部と右に確変期待度の異なるアタッカーが配置されているのも特徴の一つだ。

まず、会の冒頭に先立ち、同社代表取締役社長秋田光勇氏より挨拶があった。「同機は週刊ヤングジャンプで11年に渡り掲載されていた漫画"押忍!!空手部"とのタイアップパチンコ機で、シリーズ第2作である。2007年にリリースした1作目は男らしさをパチンコで再現し、同機はそれをさらに継承し"より男らしく"”より熱く"、何より"激しさ"をコンセプトに開発した」と機械への思いを述べられた。

次に本社営業部AM企画課小原氏より同機の詳細説明があった。コンセプトである「激」を表現する、盤面演出・通常演出・出玉演出は必見。また3つの可動役物がよりゲームを盛り上げる特徴を持つ。

さらに通常演出はステージ系ゾーン・先読み系ゾーン・変動系ゾーンと大きく3つに分類。背景・図柄・演出が変化し、全21パターン存在。出現率は約1/20でスピーディーなゲーム展開が堪能できる、とその意気込みを語られた。発売されるのは、マックス機である『〜XNA」』とミドル機の『〜MNA』が予定されているとの事。

最後に、ゲストとして原作者の高橋幸慈先生が登場。「1985年より連載を始めたデビュー作であり、その思い入れも強く17年経過しても取り上げられて本当に嬉しい。また、同機は闘いのシーンが豊富で迫力がありドキドキした」と感想を述べられた。

なお、同機は2013年11月上旬より順次お店に設置される予定。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR押忍!!空手部 激闘編
このニュースの関連URL:aaa




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る