> > 乗リニ乗レ。『パチスロ交響詩篇エウレカセブン2』が発表
ニュース
新機種発表
乗リニ乗レ。『パチスロ交響詩篇エウレカセブン2』が発表
サミー

パチスロ交響詩篇エウレカセブン2
待ち望んでいた人も多いことであろう。サミーの新機種『パチスロ交響詩篇エウレカセブン2』の発表会が、2013年9月10日に新高輪プリンスホテルにて開催された。1Gあたりの純増約2.8枚のAT機とシステムチェンジしたが「遊びやすい初当たり確率を実現」とのこと。出玉推移も要注目だ。

ゲームの流れは、まず疑似ボーナスに当選し、そこからAT突入を勝ち取るのがメインルートとなる。疑似ボーナスは、レア小役成立時に抽選する(AT直撃の可能性も)。前兆ステージとなっている「NVモード」への移行に期待しよう。また、期待度約50%となる超高確率ステージ「デューイモード」も存在する。

疑似ボーナスは2種類で、いずれもベルのナビ回数によって管理されている。赤7揃いのハイパーBBはナビ40回で純増約200枚。白7揃いのBBはナビ20回で約100枚だ。

これらの疑似ボーナス中は、レア小役でATを抽選。また、押し順4択で「リプ・リプ・チェリー」入賞の正解を引き当てられれば、疑似ボーナス終了後に5G継続する「モンスーノバトル」が発生する。ここでは、押し順ベルの4択正解ごとにポイントを獲得。そのポイント数によってATを抽選してくれる。

AT「コーラリアンモード」は、1セット50G+αのゲーム数上乗せ型。セット数継続や引き戻しの概念も存在する。このAT中も疑似ボーナスを抽選しているが、そのカギを握るのがゲーム数上乗せだ。獲得したゲーム数と同じパーセント(20Gなら20%、50Gなら50%)が、そのまま疑似ボーナス当選の期待値となるのだ。

上乗せ特化ゾーンも複数存在。「エアリアルラッシュ」は、1セット7G継続して上乗せを獲得。連続して小役成立となればコンボが発生して、上乗せだけでなく疑似ボーナスのチャンスも増大。7コンボ達成で大量上乗せと疑似ボーナス即発動の大チャンスだ。エアリアルラッシュ中の押し順4択に正解して「リプ・リプ・チェリー」となれば、MAX87%継続の0G連「エアリアルバースト」に昇格する。このエアリアルラッシュが高継続となるアネモネの覚醒を促すのが、スペシャルモードの「ジ・エンドモード」だ。10G間継続して、リプレイ以外の全役で覚醒を抽選(期待度約50%)するぞ。

ロングフリーズなどから突入する「セブンスウェル」は、7G間リプレイ以外の全役でゲーム数を上乗せし、リプレイ成立時と最終ゲームで疑似ボーナスを抽選する。疑似ボーナスに当選し続ける限り継続(継続率約77%)となる。

アニメ全50話だけでなく、劇場版「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」までを網羅した世界観を、巨大スピーカーが目を引く専用筐体「seven's DRIVE」で再現。『パチスロ交響詩篇エウレカセブン2』は、2013年11月初旬の導入予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ交響詩篇エウレカセブン2
このニュースの関連URL:サミー



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る