> > ディ・ライトから『パチスロ ギルティギア』発表!
ニュース
新機種発表
ディ・ライトから『パチスロ ギルティギア』発表!
ディ・ライト

パチスロ ギルティギア
ディ・ライトの新機種『パチスロ ギルティギア』のプレス発表会が、2013年9月12日に品川インターシティホールにて開催された。

1998年に登場してからシリーズ累計で100万本を突破した2D対戦格闘ゲームがモチーフだ。同社は目指すべきターゲットの一新を掲げ、開発体制も一新。非常識・異端と言われても、人の好奇心を呼び起こす個性ある機種を供給していく5ヶ年計画を実行している。その真っ最中となる3年目に出てきたのがこのマシンとなる。

白7揃いのプレミアムボーナス(純増約275枚+ARTゲーム数上乗せ高確)も用意されているが、CT加速型のARTでコインを増やすシステムとなっている。1Gあたりの純増は、疑似ボーナス中・ART中ともに約2.4枚だ。

通常時のポイントは、平均約90G(最大200G)の変動型周期だ。この周期ゲーム数が一定でないだけでなく、レア小役成立時は疑似ボーナスやARTの直撃とチャンスゾーンまでのゲーム数の短縮を抽選する。通常時のステージは3種類あり「街→街道→遺跡」と移行。遺跡到達から32G以内に「審判の門」到達となる。審判の門は10G+α継続し、疑似ボーナス当選を賭けたヘブンオアヘル突入を高確率で抽選するぞ(期待度約60%)。

「ヘブンオアヘル」は、自力要素の強いバトルとなっている。通常リプレイとハズレ時は敵の攻撃。それ以外の小役時は味方の攻撃となる。自分の体力ゲージが尽きるまでに、敵を倒せば疑似ボーナス確定だ。小役連続時にコンボが発生したり「リプ・リプ・ベル」入賞で攻撃力がアップ。また、一撃必殺のDESTROYED揃いなどを駆使して勝利しよう。

疑似ボーナスは3種類。BAR揃いのレギュラーは25G継続で純増約60枚。レア小役成立からのART突入に期待しよう。赤7のシングルライン揃いは50G継続で純増約120枚となるギルティボーナス。ダブルライン揃いなら100G継続で純増約240枚のスーパーギルティボーナスとなる。いずれも、消化中はレア小役などで筐体右上の役物に成立役によって強さの異なるエネルギーをチャージ。6個貯まった段階でART確定。5個以下だった場合は、エネルギー1つずつでARTを抽選。ART当選時に残りエネルギーがあった場合は、ゲーム数上乗せが発生する。

ART「ブラストドライブ」は、1セット40G+継続バトル7G。ゲーム数上乗せだけでなく、MAX80%のループ連チャンにも期待が持てる。ART中もヘブンオアヘル勝利で疑似ボーナスに当選。疑似ボーナス中は、レア小役成立でゲーム数上乗せ役のDESTROYED揃いの高確へ。さらに、リール逆回転が発生したら10G継続する上乗せ特化ゾーン「宿命の戦い」にも移行する。

カオスゾーン突入時は、ヘブンオアヘル突入確率が約1/15となる大チャンス。また、ART中のヘブンオアヘル勝利時に乱入が発生すると「ヘブンオアヘルサバイバル」に。このバトル最低勝率は50%以上。勝ち続ける限り、疑似ボーナスの1G連をストックしてくれるぞ!

プレミアム要素は、もう1つ。最終停止後にフリーズが発生すると「ドラゴンインストール」に突入。10G+αの間は毎ゲーム上乗せとリールアクションが発生し、DESTROYED揃いとなった場合は0G連でさらなる上乗せも獲得できる。

ゲーム性も盛りだくさんだが、液晶周辺の可動役物も多数搭載。PUSHボタンも飛び出す新筐体「誘(IZANAI)」も要注目の『パチスロ ギルティギア』は、2013年11月上旬からの導入予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ ギルティギア
このニュースの関連URL:ディ・ライト



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る