> > 新システムで『マジカルハロウィン4』が発表
ニュース
新機種発表
新システムで『マジカルハロウィン4』が発表
KPE

マジカルハロウィン4
2013年9月15日、KPE・高砂販売株式会社は、新機種『マジカルハロウィン4』の発表を兼ねたファンイベント「どっか〜ん★マジハロ ファン感謝祭2013」を開催した。会場となったベルサール秋葉原には、業界関係者やファンが大勢駆けつけた。

ステージでは、増田有華さんや手島優さんがマジハロのコスプレで登場、MCの古坂大魔王さんとともに軽妙なトークショーが繰り広げられた。
会場内には歴代のマジハロ機種や、ダーツやクイズコーナー、等身大パネルとの記念撮影コーナーなどが用意され、午後にはミニライブなどファンにはたまらないイベントとなった。

萌えスロファンにはお馴染みのタイトル「マジカルハロウィン」。今回は完全ART機へとシステムチェンジ。高い初当たりと一撃性が融合したスペックとなっている。2種類の疑似ボーナスとARTの純増は、1Gあたり約2.0枚だ。

ゲーム数管理テーブル経由&レア小役からの直撃は、疑似ボーナスからとなる。BIGは60G継続で、REGが30G継続。消化中にART(マジカルラッシュ)を抽選。逆押し白BAR揃いで、10G(ボーナスG数の減算なし)の上乗せ特化ゾーンに突入するぞ。

また、通常時には強力な自力チャンスゾーンを搭載。「どっか〜ん★チャレンジ」は15G継続する間、ハロウィン図柄が揃った分だけARTをストックしてくれる。

ART「マジカルラッシュ」は、1セット40+αのゲーム数上乗せ型。消化中は、疑似ボーナス当選や数々の上乗せに期待。

「カボチャンス」は、1セット40Gで、ハロウィン図柄が揃った分だけARTをストック。10G+α継続する「暴走覚醒ラッシュ」は、毎ゲーム上乗せが発生するだけでなく、疑似ボーナスとARTストックも抽選。「マジカルアタック」は、最大継続率90%でゲーム数の1G連上乗せが発生する。

また、バトルに敗れるまでボーナス1G連のチャンスとなる「ビーストバトル」も存在。

どこからも大量獲得を見込めるチャンスが用意されている『マジカルハロウィン4』の導入は、2013年11月中旬を予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:マジカルハロウィン4
このニュースの関連URL:KPE




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る