> > クワトロテーブルでチャンスが連鎖『パチスロ湘南純愛組!』が発表!
ニュース
新機種発表
クワトロテーブルでチャンスが連鎖『パチスロ湘南純愛組!』が発表!
ニューギン

パチスロ 湘南純愛組!
ニューギンより新機種『パチスロ湘南純愛組!』が発表された。1990年〜1996年に「週刊少年マガジン」にて連載された青春ヤンキー漫画がモチーフ。鬼塚英吉が主人公となった「GTO」や弾間龍二の「GT-R」もこの作品からのスピンオフなのだ。そんな彼らの一筋縄ではいかない青春を表すかのように、一風変わったART抽選システムとなっている。

本機は、ボーナスとARTの融合型。まずは、ボーナスから解説しよう。BIGは3種類で、いずれも純増は約204枚。BAR揃いのLEGEND BIGは、上乗せ特化の闘神ラッシュ突入確定。赤7揃いと青7揃いの通常BIGは7揃いでART突入となる。「赤7・赤7・BAR」と「青7・青7・BAR」のREGは純増約48枚で、ラスト5Gの押し順2択正解数に応じてART突入を抽選する。

通常時からのART突入でカギを握るのが、4種類のテーブル「クワトロテーブル」だ。基本となるのは周期チャンスゾーンで、第1の鬼塚テーブルは96Gごと、第2の弾間テーブルは32Gごとにチャンスが到来する仕組みとなっている。鬼塚テーブルで当選した場合は、ART鬼神ラッシュに。弾間テーブルで当選すると、ART龍神ラッシュに突入する。が、この2つのテーブルは、交わることもあるのだ。両方のチャンスゾーンが同時進行する「湘南戦争ステージ」でART当選となった場合は、上乗せ特化の闘神ラッシュ突入確定となるぞ!

これに加わる第3のテーブルは、通常機種でもお馴染みのゲーム数管理テーブルだ。128Gごとに期待できる振り分けとなっている模様で、ビーチステージ移行で前兆のチャンスとなる。「ジャックポットチャレンジ」が最後となる第4のテーブルだ。毎ゲームARTのゲーム数ストックとジャックポットチャレンジまでのゲーム数短縮を抽選し、約1000G周期で大量獲得のチャンスが訪れることとなる。

ARTは「鬼神ラッシュ」「龍神ラッシュ」ともに1セット50Gで1Gあたり約1.8枚の純増のゲーム数上乗せ型。消化中に入れ替わることもあるが、鬼神ラッシュ中はベルで。龍神ラッシュ中はリプレイ成立で液晶上部のカウンタが減算する。レア小役成立時の抽選当選時や、カウンタの数字がゼロになると「純愛チャレンジ」に移行。10G or 20G or 30G継続する間、レア小役成立で闘神ラッシュ突入を抽選する。

上乗せ特化ゾーン「闘神ラッシュ」は最低でも10G継続し、消化後は80%〜96%で継続を抽選。リプレイ以外の全役でゲーム数上乗せが発生し、平均獲得は約100Gに。また、上位モードの「極闘神ラッシュ」となった場合は、最低30G+80%〜96%ループで平均上乗せは約200Gとなる。

このほかにも、一発抽選で発生するスーパージャックポットチャレンジも搭載。『パチスロ湘南純愛組!』の導入は、2013年12月2日からを予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ 湘南純愛組!
このニュースの関連URL:ニューギン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る