> > あのサウンドが再び鳴り響く『パチスロ獣王 〜王者の帰還〜』が発表
ニュース
新機種発表
あのサウンドが再び鳴り響く『パチスロ獣王 〜王者の帰還〜』が発表
サミー

パチスロ獣王 王者の帰還
サミーより新機種『パチスロ獣王〜王者の帰還〜』が発表された。2001年に登場し、瞬く間にパチスロ界をAT機ブームへと誘った百獣の王が帰ってくるのだ。その初代『獣王』と2代目『猛獣王』は全リールに目押しが必要となっていたが、今回は押し順ナビに従うだけでOK。敷居は低くなったといえよう。

システムは、通常時よりリプレイ確率の高いAT機。AT「サバンナチャンス(以下、SC)」は、1Gあたり約2.5枚の純増となっている。初当たりはレア小役成立時に疑似ボーナス or SC直撃を抽選。前兆を示唆するアニマルモード移行でチャンスとなる。また、特定ゲーム数のゾーンで突入しやすい自力高確の獣王モード移行時は、チャンス役の出現率が変動。SCの当選に期待しよう。

疑似ボーナスは、白7揃いの獣ボーナスとなる。1stボーナスは9枚役が15回成立まで継続し、この間のSC突入率は約20%。SC当選とならなかった場合の約50%で、9枚役が10回成立まで継続する2ndボーナスに発展し、ここからのSC突入率は約50%となる。合算すると疑似ボーナスからのSC突入率は約40%だ。

SCは、初回突入時50G以上を保証。ゲーム数上乗せとストック上乗せの両方に期待が持てる。SC中は、通常のゲーム数上乗せもあるが「獣玉」の獲得がポイントとなる。獣玉を10個獲得した時点で上乗せ特化ゾーンへの移行確定。また、SC終了時にも獲得している獣玉の個数に応じて上乗せ特化ゾーン移行を抽選する。

その上乗せ特化ゾーンとなるビーストチャンス(以下、BC)は4種類。「ライオンBC」は、5G+α継続。リプレイ以外の全役でゲーム数上乗せを獲得。レア小役成立時などでは、MAX80%継続の0G連上乗せとなるコンボアタックとなることも。「ダチョウBC」は、まず最初の5Gで基本上乗せゲーム数を決定した後に、最大5回の倍プッシュが発生。2択に成功すればゲーム数が倍々になっていくぞ。

「ゴリラBC」は、10G+α継続するパチンコのST型上乗せが特徴だ。この間に液晶で銅の図柄が揃うとゲーム数を上乗せ。金や銀の図柄が揃うと、最低5G継続し毎ゲーム上乗せが発生するゴリラッシュに移行。どちらも図柄が揃った段階で、ゴリラBCの残りゲーム数が10Gに回復する。連鎖に期待だ。

残る「ゾウBC」は、通常のBCからも移行可能性はあるがSC中のゾウ図柄揃いからの突入がメイン。10G+α継続する間、リプレイ以外の全役でゲーム数上乗せが発生するだけでなく、チャンス役確率も1/2以上と大幅にアップ。最強の上乗せ特化ゾーンとなっている。

プレミアム的な契機は、もう1つ。赤7揃いの超BBだ。こちらも疑似ボーナスとなっており、9枚役が10回成立まで継続。この間は赤7揃い確率が約1/7となって揃うごとにSCをストックする。通常時・AT中ともに成立する可能性があるぞ!

懐かしのサウンドや演出が多数! 『パチスロ獣王〜王者の帰還〜』は、2013年12月2日の導入予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ獣王 王者の帰還
このニュースの関連URL:サミー




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る