> > 『くるくるぱちんこ』×8個保留=『CRくるくるぱちんこ GOGOピエロ』ニューギンより。
ニュース
新機種発表
『くるくるぱちんこ』×8個保留=『CRくるくるぱちんこ GOGOピエロ』ニューギンより。
ニューギン

CRくるくるぱちんこ GOGOピエロ
ニューギンのヒットスペック『くるくるぱちんこ』が大進化を遂げて帰ってきた。ニューギン2014年発表新機種第一弾となるのが『CRくるくるぱちんこ GOGOピエロ』だ。

回転率を高く設定し、遊びやすさをメインにした同社の『くるぱち』はホールでの人気が根強い。そのシリーズが8個保留という機能になったのが『CRくるくるぱちんこ GOGOピエロ』というわけだ。

盤面を見れば、目をひくコミカルなピエロの顔がデカデカと配置され、従来の液晶パチンコとは一線を画している。ニューギンお得意のドットデジタルは、多彩かつユニークなアクションを連発して、長時間遊技でもユーザーを飽きさせることはないだろう。

大当たり確率1/376.64(高確率 1/77.10)確変突入率77%、出玉2ラウンドまたは16ラウンド、電チューサポート回数振り分けタイプとなっており、160回転のロングサポートだと最大88%の継続率となる。

電チューサポートからの大当たりの大半がビッグラウンドになるため、ツボにはまればドル箱タワーも夢ではないはず。電チューサポート回数は振り分けとなるが、終わった!と思った瞬間に延長になる演出もあり、ハラハラドキドキが止まらない。

もっともユニークなのは、8個保留の左側が通常ヘソ、右側が電チュー扱いとなり、右側からの大当たりは電チューサポートが約束される点。シーソー状の役物によって左右は交互かつ均等に振り分けられるため、どちらで当たるかによって大きく運命が変わる。

ゲーム性は、盤面をかざる「サングラス役物」や「鼻Vランプ」「フォーチュンリング」「クリスタルPライト」を中心としたアクションが見もの。

すももちゃんなど、ニューギンの今までのオリジナルキャラクターが大活躍。「花の慶次」でおなじみのキセル演出なども搭載され、多彩なドット演出がとても楽しい。

連チャンゾーンの「PARTYタイム」に入ると、1970年代から90年代までの大ヒットポップスが流れる。「恋のダイヤル6700」「ギザギザハートの子守唄」「それが大事」「陽のあたる坂道」などの懐かしの楽曲が選択できる。

リーチはともかくピエロが登場すれば大チャンスという分かり易さ。「逆転チャンス」や「EXTRAリーチ」も大チャンスとなる。

回りやすさと、楽しいゲーム性、そして出玉性能が高い次元でマッチした新機種『CR GOGOピエロ』。全国デビューは2014年2月中旬以降となる予定。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRくるくるぱちんこ GOGOピエロ
このニュースの関連URL:ニューギン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る