> > ボーナス主体タイプファンに朗報!『ヱヴァンゲリヲン〜決意の刻〜』が発表
ニュース
新機種発表
ボーナス主体タイプファンに朗報!『ヱヴァンゲリヲン〜決意の刻〜』が発表
ビスティ

ヱヴァンゲリヲン〜決意の刻〜
5号機時代を牽引してきたエヴァシリーズの最新作『ヱヴァンゲリヲン〜決意の刻〜』が発表された。前作はART機となったが、再び伝統あるボーナス主体タイプでの登場となる。ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの映像も搭載。いや、しかし。ボーナス主体タイプでの復活だけにまずはリールを語らねばならぬだろう。

ボーナス主体ということで、変則押しのペナルティは一切なし。順押し・中押し・逆押しとどこからでも小役を狙うことができ、それぞれに特徴的なリーチ目が用意されている。リーチ目総数は2000個以上。また、ボーナス成立後は斜めベル(3枚役)の出現率が大幅にアップする特殊な仕掛けも用意されている。レア小役の配置上、中・右リールの狙い位置は限られるが、左リールは21コマ中1コマしかスイカを取りこぼさない。さまざまな場所を押して好みの位置を探り当てよう!

ボーナスは3種類。赤7揃いのスーパーBIGは純増MAX311枚。青7揃いのBIGは純増MAX207枚。「青7・青7・赤7」揃いのREG(内部的には第二種特別役物・2種BB・CB)は純増104枚となっている。両BIG中は技術介入要素あり。小役ナビでレア小役が表示された場合は要目押し。また、レア小役のナビが発生しなかった時に1回だけ14枚を獲得することによって獲得枚数がMAXとなる。その14枚奪取の目押しはリスクもなく難しくもないので、レア小役を獲得できる人であればまったく問題ないはずだ。

従来シリーズよりもスーパーBIGの獲得枚数は下がっているが、その分だけボーナス合成確率はアップしているのも特徴だ。設定1でも約1/158。設定6ならば約1/119と破格な数値となっている。

もちろん今回も暴走モードを搭載。通常時からいきなり突入する可能性もあるが、BIG間777Gハマリで突入。ポイントとなるのは、REGでは天井までのカウントも暴走モードも終了しないということ。これにより、ハマっても最後には200枚以上のコインが見込めることになる。なお、暴走モード中のREG後は覚醒モードとなるが性能は暴走モードと変わらないぞ。

新劇場版:Qの名シーンが出現すればスーパーBIG確定!? 『ヱヴァンゲリヲン〜決意の刻〜』は、2014年2月10日からを予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:ヱヴァンゲリヲン〜決意の刻〜
このニュースの関連URL:ビスティ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る