> > 緊迫のカウントダウン! 『フィーバー海猿』SANKYOより。
ニュース
新機種発表
緊迫のカウントダウン! 『フィーバー海猿』SANKYOより。
SANKYO

フィーバー海猿
2014年1月23日。東京後楽園プリズムホールにて、超話題のパチンコ機種のプレス発表会が行われた。その名は『フィーバー海猿』。発売元はSANKYO。

本機種は、1999年から2001年にかけて週刊ヤングサンデーにて連載されたアクション漫画「海猿」とのタイアップマシン。すでに、原作は映画化され大ヒットを記録していることでも知られている。
海中という極限の状況下で救助者の命を救おうとするギリギリの攻防を液晶上で完全に再現している。光、役物が効果的にシンクロし、さらなる緊迫感を作り出している。

発表会は、映画さながらの大迫力オープニング映像からスタート。同社 常務執行役員 営業本部長 富山一郎氏の挨拶が行われた。続いて 商品開発本部 商品戦略室 次長 依田英之氏によって開発コンセプトが語られた。
会の後半では原作者の佐藤秀峰さんが登場し、原作にまつわる楽しいトークが展開された。最後にスペシャルゲストとして、WBA世界ライト級王者 井岡一翔さんが登場。自身のボクシングにかける思いを海猿のコンセプトでもある「勇気」という言葉を用いて語られた。エンディングはなごやかにフォトセッションとなった。

『フィーバー海猿』は「緊迫感、迫る時間、そして途切れないゲーム性」という3つのコンセプトで作られたという。
フルCGで展開される予告やリーチの数々。迫る時間をスリリングに演出する新デバイス「透過有機EL」は、液晶下部からせりあがる「レスキュービジョン」に使われている。
途切れないゲーム性が発揮されるのは「レスキューアタッカー」。これによってラウンド間のインターバル短縮との相乗効果でロス玉が激減し、大当り時をより爽快にしている。

大当り確率1/297.2(高確率1/65.2)、100%突入のST70回転 というバランスのとれたミドルタイプで登場の『フィーバー海猿』。
全国のパチンコホールには2014年3月3日から順次、導入される予定。その日を楽しみに待とう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:フィーバー海猿
このニュースの関連URL:SANKYO



  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る