> > どの初当たりからもループの夢がある『サムライチャンプルー流転輪廻』が発表
ニュース
新機種発表
どの初当たりからもループの夢がある『サムライチャンプルー流転輪廻』が発表
ニューギン

サムライチャンプルー 流転輪廻
ニューギンより『パチスロ persona4 The SLOT』に続くパチスタ第2弾となる『サムライチャンプルー 流転輪廻』が発表された。さまざまな要素が織り込まれているが、ゲームの流れは至ってシンプルでわかりやすい。どの初当たりからも、疑似ボーナスの連鎖に期待が持てる仕様となっている。また、音楽の評価も高い原作だが、その世界観の再現はシリーズ最高峰のデキとなっている。

システムは、疑似ボーナスとその間をつなぐST「騒乱タイム」でコインを増やす完全ART機。1Gあたり純増は約2.0枚だ。通常時からの初当たりは、ゲーム数テーブルで決定された規定ゲーム数到達と2種類の自力チャンスゾーン経由に期待。「ムゲンチャンス」は、ベル・レア小役成立時に毎回一発抽選。「ジンチャンス」は、規定回数だけリプレイやレア小役が成立すれば初当たり獲得となる。また「リプ・リプ・ベル(特殊リプレイ)」入賞時は、初当たりの直撃を抽選。潜伏確変示唆ステージの「回想モード」に移行すればチャンスだ。

初当たり獲得時は、まず旅立ちのストーリーを見せる「疾風怒濤ボーナス」から開始される。赤7揃い・青7揃いともに継続ゲーム数は23G。この消化中は特殊STの「旭日昇天モード」突入を抽選(赤7揃いのほうが昇格率を優遇)。移行時は、その時点で青7揃いのノーマルボーナス以上が確定。消化中に自力で疑似ボーナスを当選できれば、赤7揃いのハイパーボーナス獲得となる。旭日昇天モードに移行できなかった場合も、必ず最大20G継続するST「騒乱タイム」へ。ここでの疑似ボーナス当選率は、50%〜87%となっている。

疑似ボーナスは赤7揃いと青7揃いの2種類。いずれも1セットは、30G+上乗せ分となっている。赤7揃いのハイパーボーナスは、その時点で疑似ボーナスの1G連が確定。青7揃いのノーマルボーナスだった場合も、終了時は必ず「騒乱タイム」以上に移行するので、そこからの連チャンに期待しよう。

疑似ボーナス中の上乗せ特化ゾーンも充実。ベル3連以上や特殊リプレイから突入する「チャンプルーエピソードラッシュ」は、エピソードの内容によって上乗せが発生。レア小役から突入する「抜刀一閃チャンス」は、基本は10G継続し(レア小役成立時に抜刀一閃のゲーム数を上乗せすることも)この間は「7を狙え」ナビが頻出。青7揃いで1G連ストック確定。赤7揃いなら、ハイパーとなるので実質ストック2個が確定する。「乱刃チャンス」は、7を狙うナビで揃わなかった場合に発生する可能性のあるフリーズでのゲーム数上乗せ演出。抜刀一閃中は7を狙うナビが高確率で発生するので、この乱刃チャンスにも期待できる。

最強の一撃トリガーは「百花繚乱ラッシュ」。フウ絵柄揃い成功時だけでなく、疑似ボーナス入賞時の一部でも発動する可能性あり。フリーズを使ったゲーム数上乗せ特化演出で、液晶リールとメインリールのダブルリールで上乗せを告知してくれる。

最後は畳みかけるような上乗せ解説となってしまったが、1G連とSTを経由しての連チャンをどの初当たりからも目指せるのが最大の魅力。『サムライチャンプルー流転輪廻』の導入は、2014年5月7日からを予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:サムライチャンプルー 流転輪廻
このニュースの関連URL:ニューギン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る