> > ノーマルBBは13種類!! スーパーBBは5種類から選べる『みどりのマキバオー 届け!!日本一のゴールへ!!』が発表
ニュース
新機種発表
ノーマルBBは13種類!! スーパーBBは5種類から選べる『みどりのマキバオー 届け!!日本一のゴールへ!!』が発表
オリンピア

ニュース写真
オリンピアより、新機種『みどりのマキバオー 届け!!日本一のゴールへ!!』が発表された。初当たりは1Gあたり約2.0枚純増の疑似ボーナスとなり、そこからARTに発展させるゲームの流れとなっているが、その疑似ボーナスの継続方式やAT抽選方式をプレイヤーが任意で選べるのが特徴となっている。ノーマルBBは13種類。スーパーBBも5種類と豊富にあるので、好みの勝負方法を模索するのが良いだろう。

通常時から疑似ボーナスへの突入は主に3パターン。レア小役当選からの自力チャンスゾーン「チャレンジカップ」は、12Gをかけて告知をするスタンダードタイプと1Gで完結する直線勝負の2パターンから選択可能。期待度は約33%〜約80%だ。前兆ルートとなる「修行ステージ」はそこで得た能力を発揮できる対決種目&対戦相手となれば期待度アップ。また全リールに「帝王・奇跡」を狙わせるカットイン発生時に見事揃えばスーパーBBとなるが、揃わなくても「白い奇跡誕生!?」ステージに移行して10G継続する間「帝王・奇跡」絵柄を狙うカットインが高確率で発生するようになる。

白7シングル揃いの疑似ボーナスは、全13種類。5種類の告知方法と3つのモードを組み合わせて選択することとなる。告知方法ごとに分類して解説しよう。

チャンス告知タイプは、ボーナスを延長させながらARTを目指すゲーム性。通常モードは40G継続+以降は1/10の終了抽選。勝負モードは25G継続+1/25の終了抽選。大勝負モードは10G継続+1/40の終了抽選。規定ゲーム数以内の「帝王・奇跡」揃いでART確定となる。ART期待度はいずれも約40%だ。

完全告知タイプは、レバー操作時の告知が命。ただ、選択するモードによってART期待度(「帝王・奇跡」揃いの確率)も変化する。通常モードは、50G継続で図柄揃いは約1/100(期待度約40%)。勝負モードは30G継続で約1/50(約47%)。大勝負モードは5G継続で約1/7(期待度約56%)。

役物告知タイプは、いずれも初期枚数100枚と枚数管理型となっており、レア小役成立時に枚数上乗せとARTを抽選する。通常モードは、枚数上乗せがない代わりにART期待度は約40%。勝負モードは枚数上乗せも抽選するが、ART期待度は約21%に減少。大勝負モードは枚数上乗せが強化されるが、ART期待度は約9%となってしまう。

最終告知タイプは、全モードとも50G固定だが、ART当選率の減少に応じてART当選時のループ率を優遇させることができる。通常モードはART期待度約40%で当選時は50%以上ループ。勝負モードは、期待度約23%だがループ率は75%以上に。大勝負モードは期待度約14%でループ率は85%となる。

レース告知タイプは、通常モードしか存在しない。マキバオーがレースで1着となればART突入とレースを楽しむのが主眼となっている。50G継続+レース分でART期待度は約40%だ。

白7ダブルライン揃いのスーパーBBは告知タイプに応じた5種類から選択可能。チャンス告知タイプは、50G継続+1/50の終了抽選でART期待度は約70%。完全告知タイプは、100G継続で「帝王・奇跡」揃いは約1/82となりART期待度は約70%。役物告知タイプは、初期枚数100枚で枚数上乗せが大幅に強化され、ART期待度は約50%。最終告知タイプは、50G固定だがループ率85%のART期待度が約36%と強化される。レース告知タイプは、50G固定だがART突入確定となるぞ。

ART「マスタングラッシュ」は、初期40G+α継続。ART消化後は10G 〜 11Gの継続ジャッジにてループ連チャンを抽選する。ループ率はMAX85%だ。ゲーム数直乗せや0G連、そして上乗せ特化ゾーン「GIラッシュ」も搭載。

このARTに到達する効率や勝負の気持ちよさを求めてBBの選択を考えたい『みどりのマキバオー 届け!!日本一のゴールへ!!』は、2014年7月22日からの導入を予定しているぞ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:みどりのマキバオー 届け!!日本一のゴールへ!!
このニュースの関連URL:オリンピア




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る