> > 究極進化したチェリーコンボ以外にも新機軸を搭載!『パチスロ 戦国BASARA3』が発表
ニュース
新機種発表
究極進化したチェリーコンボ以外にも新機軸を搭載!『パチスロ 戦国BASARA3』が発表
エンターライズ

パチスロ 戦国BASARA3
エンターライズより新機種『パチスロ 戦国BASARA3』が発表された。BASARA目からのチェリーコンボなど、当時の最先端システムを有していた前作に引き続き、また新たな趣向を凝らした力作となっている。

システムは、疑似ボーナスも搭載した完全ART機。1Gあたりの純増は約2.2枚となっている。通常時は、レア小役から疑似ボーナスやART当選に期待しよう。そのカギを握るのは、やはりBASARA目だ。BASARA目出現直後はチェリーが連続して出現しやすくなる。チェリーが5連した時点でART直撃確定だ。当然、ここで連続出現したチェリーでも疑似ボーナスやART、そして自力高確ゾーン「単騎特攻」移行なども抽選してくれる。

単騎特攻は20G+αで、ここで獲得したポイントを使って当ゾーンの最後にART突入を抽選。期待度は約40%だ。レア小役以外にも、レア小役ハマリの天井から突入することもあるぞ。自力高確ゾーンはもう1種類。それが右上がり斜めリプレイから突入する「一触即発」だ。こちらは10G or 20G or ART当選まで継続。全役でARTを一発抽選してくれる。こちらのトータル期待度は約66%!

疑似ボーナスは2種類。BIG扱いのBASARAボーナスはベルナビの回数管理となっており、20 or 30 or 50 or 100回継続。消化中の赤7揃いでART突入やゲーム数上乗せが確定する。REG扱いの武将ボーナスはベルナビ回数が8回固定。ベル成立時に登場した武将によってART突入やゲーム数上乗せの期待度が変化する。

ART「BASARA FEVER」はゲーム数上乗せ型。上乗せが発生しやすい石田三成と上乗せゲーム数が多くなりやすい徳川家康からキャラクターを選択して開始しよう。このART中は、ゲーム数と同じ意味で「歩数」という単位が使われる。特化ゾーン「戦刻ブースト」中は、10歩〜30歩継続するが、1歩=1Gとならず、複数ゲームで1歩を消化するスロー消化状態(基本ARTのゲーム数も減算されない)となる。この間は、全役でゲーム数上乗せ性能が大幅アップ。もちろん、ここでもBASARA目を抽選しているので、チェリー連打を勝ち取れれば大量上乗せの大チャンスとなるぞ!

それ以外にもART中は注目ポイントが盛りだくさん。ART中にも疑似ボーナスを抽選し、その間にゲーム数上乗せを抽選。また、逆押しカットインからの三成図柄揃い・家康図柄揃いは上乗せゲーム数大量獲得のチャンス。武将バトルに勝利すればARTセット数を上乗せ。ART終了時に決戦バトルが発生すれば、バトルに敗北するまで継続率約60%〜約80%でARTがループ。さらに、最強のプレミアムとしてART複数ストックとなるロングフリーズの「魔王降臨」も存在する。

このように様々なタイミングでレア小役、特にBASARA目経由でもチェリーが出玉に大きな影響を与える仕様となっているが、そのチェリーにはもう1つの仕組みが用意されている。それが「チェリーストック」システムだ。

チェリー成立時に液晶左下にチェリー絵柄と数字が表示されたらストック完了。その数字がゲーム数となっており、これを消化した後にチェリーが放出されるシステムとなっている。単にチャンスが倍増するだけでなく、最初のチェリーで特化ゾーンなどに突入させ、その消化中にストックしたチェリーを放出するといった展開に恵まれたら、1回の契機で優位にゲームを進められることとなるだろう。

チェリーコンボのアツさはそのままに、チェリーのアツさがさらに進化した『パチスロ 戦国BASARA3』の導入は、2014年9月上旬からを予定しているぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ 戦国BASARA3
このニュースの関連URL:エンターライズ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る