> > 出目をストックしてAT連チャンに繋げよう!『パチスロ バーチャファイター』が発表
ニュース
新機種発表
出目をストックしてAT連チャンに繋げよう!『パチスロ バーチャファイター』が発表
タイヨーエレック

パチスロ バーチャファイター
タイヨーエレックより新機種『パチスロ バーチャファイター』が発表された。人気格闘ゲームからの移植作ということで、迫力のバトルシーンなども満載だが、パチスロとしてのゲーム性も新たな要素を多く盛り込んだ意欲作となっている。

サミー系の『パチスロ輪廻のラグランジェ』や『パチスロ蒼天の拳2』と同様の演出リール付き4リール機となっている。従来機では左リールが演出リールとなっていたが、本機では右リールを演出リール(バーチャリール)に変更。また、フリーズを使った疑似遊技が絡むことによって、レア小役と同等の意味を持つ特定出目をストックして、後から放出するなど今までにない趣向が凝らされているのだ。

ゲームの流れに話を移そう。本機は、通常時よりリプレイ確率の高いAT機。通常時は周期抽選がポイントとなる。周期の最大は100G。最低でも100Gを消化すれば、AT抽選ゾーンの「チャレンジバトル」に移行することに。これが最初の目標となる。

もちろん、その途中では周期までのゲーム数短縮を抽選。レア小役成立時などエル・ブレイズ登場で複数ゲーム数が減算される可能性あり。また、9G継続の毎ゲーム減算が発生する「九刻の儀」も存在。最大周期の100Gを大幅に上回るゲーム数を獲得することもある特化ゾーンとなっている。余剰分は次回以降の周期短縮に回されるので、1契機で複数のチャレンジバトル突入が確定することもあるぞ。

周期を消化して到達する「チャレンジバトル」は、勝利すればAT当選。敗北すれば通常時に戻り次の周期に期待となるが、引き分けも存在する。引き分け時は「J6研究所ステージ」に移行。最大28G継続するチャンスゾーンとなる。レア小役やリプレイでバトルを発生させ、勝利すればAT突入だ。

ATは、1Gあたり約2.5枚の純増。1セットは、20G?100G継続で、初回のみ30G以上が保証される。このATは、疑似BIG形式となっており、前半部分「サンクチュアリ」中は「幻球」をストックするのが主眼となる。幻球を獲得すると、AT継続を賭けた後半のリアルゲージバトルで、幻球に応じた特定目を放出して、戦いを優位にしてくれるのだ。このようなシステムの上に、サンクチュアリ中もレア小役確率が変動するなどもあるので、ATの継続率は一概には言えないが、平均すると約76%?約92%となる模様。それ以外に、AT継続確定となるVF図柄揃いなどの一発抽選なども用意されているぞ。

変幻自在のバーチャリールでAT継続バトルを勝ち抜けよう。『パチスロ バーチャファイター』の導入は、2014年8月4日からの予定だ。

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:パチスロ バーチャファイター
このニュースの関連URL:タイヨーエレック




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る