> > 周期抽選と1G連が魅力『ささみさん@がんばらないすろっと』発表
ニュース
新機種発表
周期抽選と1G連が魅力『ささみさん@がんばらないすろっと』発表
DAXEL

ささみさん@がんばらないすろっと
DAXELの新機種『ささみさん@がんばらないすろっと』のプレス発表会が、7月31日にカラオケパセラAKIBAマルチエンターテインメントにて開催された。「ささみさん@がんばらない」は、著名アニメーション制作会社シャフトの作品。『まじかるすいーとプリズムナナ』に引き続いてのコラボとなる。

疑似ボーナスとなっているARTでコインを増やすタイプとなっており、完全適当打ちで消化できることや、特徴的な周期抽選方式も『まじかるすいーとプリズムナナ』を彷彿とさせる。だが、今回は初当たり確率も高く、遊びやすい仕様となっているのがポイント。

通常時は、周期到達で「お兄ちゃん監視システム」や「オカルトゾーン」といったチャンスゾーンに移行し、そこからART当選となるのが基本的な流れだ。周期ゲーム数は抽選によって変化するが、残りのゲーム数が丸見えになる「ネクストちゃんす」や、大幅短縮のチャンスとなる特化ゾーンの「あまゾーン」が存在。獲得した減算ゲーム数が周期抽選タイミングを越えた場合も、次回の周期抽選から減算されるので、引き損はないぞ。

その「あまゾーン」などを抽選するのはレア小役となるが、自力でレア小役を引けない場合も「自動遊技しすてむ」が発動すれば、プレイヤーの代わりにキャラクターがレア小役を出現させてくれるのだ。

大当たりとなるARTは疑似ボーナス方式となっている。液晶上で白7揃いとなった場合と赤7揃いの一部は「すーぱーがんばる@ぼーなす」。赤7揃いは「がんばる@ぼーなす」となって、100G+α継続で約204枚を獲得。ボーナス消化中は1G連獲得のチャンス。すーぱーならば、期待度が大幅にアップする。

BAR揃いの「がんばる@ちゃんす」は、小役8回成立が1セット(平均80枚獲得)。「がんばる@ぼーなす」への昇格を抽選するほか、最大7セットまで継続する可能性がある。

「がんばる@ぼーなす」中にストーリーモードを選択すると、80分に濃縮されたアニメ全12話を見ることも可能。『ささみさん@がんばらないすろっと』の導入は、2014年9月22日からを予定しているぞ!

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:ささみさん@がんばらないすろっと
このニュースの関連URL:DAXEL




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る