> > 4号機時代のリプレイハズシを彷彿とさせるシステムで『パチスロひぐらしのなく頃に煌』が発表
ニュース
新機種発表
4号機時代のリプレイハズシを彷彿とさせるシステムで『パチスロひぐらしのなく頃に煌』が発表
オーイズミ

パチスロひぐらしのなく頃に煌
オーイズミの新機種『パチスロひぐらしのなく頃に煌』の発表会が2014年10月2日、秋葉原 e-sports SQUAREにて開催された。ボーナス+RTで人気を博した『ひぐらしのなく頃に』だが、今回はシステムをATに変更している。しかし、あの痺れる技術介入要素は健在! 自力で期待値を上げる面白さは変わっていないのだ。

さて、本機は疑似ボーナスのみでコインを増やすタイプとなっている。その種類は3つ。白7揃いの「オヤシロBB」と赤7揃いの「BB」は、ボーナスゲーム30G消化もしくは、3回のJACゲームで終了する。ボーナスゲーム中は、1Gあたり約2.7枚の純増。この間はJACインリプレイが入賞するとJACゲームAT(ベルナビ18回)が開始する。

1回のBBでより多くの枚数を獲得するには、ボーナスゲームを長く伸ばして、3回のJACインをさせるのが得策となる。そこで出てくるのが「リプレイハズシ」だ。2回目までのJACインリプレイは順押しで揃えておき、3回目を技術介入で延命させ、残り10Gを切った状態でJAC入賞するよう調整するのがコツ。JACインリプレイをハズしすぎると、3回目のJACインリプレイが成立する前に30Gのボーナスゲームが終わってしまうため、残りゲーム数をチェックすることも忘れずに。

そのJACインリプレイをハズす手順は『ひぐらし』らしいものとなっている。JACインリプレイ成立時は、まず中リールを適当打ち。次に右リールを適当打ちし、最後に左リール上段に白7を1コマ目押しできれば、JACインリプレイを確実にハズすことができる。目押しに自信のない人は、中リールの次に左リールを押せば(最後に右リールを押す)、75%でリプレイはハズれてくれるぞ。この技術介入を駆使した際のBB平均獲得枚数は、約340枚。なお黒BAR揃いのRBはJACゲームAT1回分。純増は約90枚だ。

ボーナス終了時は連チャンに期待。「プレミアムJACゲームYOU」が発生すれば、約430枚を獲得するだけでなく、終了後はさらにボーナスの1G連が確定。「東京マギカ決戦バトル」は、ボーナス中にバトルポイントを獲得していれば突入。ポイント1個につき、約50%でボーナスの即連を抽選。オヤシロBBは、開始時点で1ptが保証され、ボーナス消化中も通常BBの約4倍ポイントを獲得しやすくなっている。

今回の発表会には、お笑い芸人のゴー☆ジャス氏がスペシャルゲストとして登壇。持ちネタと軽妙なトークで会場を大いに盛り上げた。

リプレイハズシを知る4号機世代はもちろん、5号機世代も新しいゲーム性と感じるであろう。『パチスロひぐらしのなく頃に煌』。導入は2014年11月17日からを予定しているぞ!


このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:パチスロひぐらしのなく頃に煌
このニュースの関連URL:オーイズミ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る