> > MAXインパクト襲来!『CRヱヴァンゲリヲン9』フィールズより
ニュース
新機種発表
MAXインパクト襲来!『CRヱヴァンゲリヲン9』フィールズより
ビスティ

CRヱヴァンゲリヲン9
2014年10月16日、東京・品川グランドプリンスホテル新高輪において、フィールズのメガヒット機種の発表会が行われた。その名も『CRヱヴァンゲリヲン9』。初代登場から10年! 満を持しての登場だ。タイトル名は、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qと9作目となることから名付けられた。

発表会会場は、メディア、ホール関係者そして、エヴァファンで大盛況。その発表会は華麗なステージパフォーマンスで幕を開けた。「残酷な天使のテーゼ」「FLY ME TO THE MOON」そして「魂のルフラン」をモチーフにしたダイナミックなダンスパフォーマンスが繰り広げられ、会場は大喝采で包まれた。

その後、人気タレントの加藤夏希さんがエヴァのコスプレで登壇。エヴァの大ファンだという彼女によって、出演キャラやストーリーについて、オリジナルの解釈から熱いトークが展開された。

今作は何と言っても、圧倒的で美麗な液晶演出が特徴。ダイナミックな存在感が際立つ筐体はシリーズ最大級のインパクト。とりわけまばゆい光を発する「ロゴ役モノ」や、「ダブルロンギヌス」、そして液晶の奥に鎮座し、ここぞという時に現れる「S-VISION &初号機役モノ」は見るものを圧倒する迫力だ。

スペックは100%突入のST機種となっており、継続率は約80%。MAX約2000個の出玉は破壊力も抜群。連チャンが続けば大満足確定の仕様といえる。

ST中はシリーズ初登場となるエヴァが戦うバトルが特徴。「新劇場版:Q」の演出とリンクして、従来シリーズにはなかったインパクトが味わえる。予告やリーチも原作のモチーフとシリーズ機種のいいところをそのままに、さらに進化させている。

発生するだけで大チャンスとなる「全員集合背景予告」「カウントダウン予告」「覚醒モード」など前兆となる演出も見逃せない。もちろん激アツの「次回予告」や「ストーリーリーチ」は健在。今までのエヴァファンにもきっと納得の演出構成だ。

全国のホールにその勇姿を現すのは2014年12月8日を予定している。年末年始の目玉機種となることは間違いないだろう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRヱヴァンゲリヲン9
このニュースの関連URL:フィールズ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る