> > 『パチスロ機動新撰組 萌えよ剣〜今宵、花散る〜』が発表
ニュース
新機種発表
『パチスロ機動新撰組 萌えよ剣〜今宵、花散る〜』が発表
北電子

パチスロ機動新撰組 萌えよ剣〜今宵、花散る〜
ジャグラー系でお馴染みの北電子より新機種『パチスロ機動新撰組 萌えよ剣〜今宵、花散る〜』が発表された。同タイトルは、2002年に発売されたアドベンチャーRPGゲームソフトで、後にオリジナルビデオにも展開。原作・総監督は広井王子氏。キャラクターデザインを高橋留美子氏が担当している。

ゲームシステムはボーナス+ART。赤7揃いと青7揃いのBIGは純増203枚。「青7・青7・赤7」揃いのREGは純増42枚。ボーナス中は、白7揃いでARTを獲得。BIGよりもREGのほうが期待大となっている。また、「白7・赤7・青7」揃いはスペシャルBIG。純増は28枚だが、ベルが4回揃うまでの間、白7揃いの大チャンスになるのだ!

ARTはボーナス中だけでなく、通常時からの突入にも期待が持てる。追跡ゾーンの「司令室・機動パトカーステージ」と、それの上位となる「アジトステージ」が、前兆の役割を担っているぞ。

ART「誠剣ラッシュ」は、1セット30G+αで、1Gあたりの純増は約1.5枚。消化中は、ゲーム数とセット数の上乗せを抽選しているが、セット終了時の自力バトル「妖撃ゾーン」で、最低3回のチャンスゲームの間に白7の押し順を正解させられればART継続と、自力要素も用意されている。

上乗せ特化ゾーンも4種類を搭載。レア小役が突入契機となる「妖撃乱舞」は、1セット5GでMAX80%継続。この間に白7が揃えばゲーム数上乗せとなるが、どれだけナビが出るかはプレイヤーが選択可能だ。必ず揃う全ナビは、1回あたり10G〜50Gの上乗せ。2択は20G〜100G。6択ならば60G〜300Gとなる。

ART中は、各小役成立時に液晶上にある風水盤が点灯する可能性あり。4つ全てが点灯した場合は「式神アタック」へ。最終停止後に、チャンスボタン連打でゲーム数を上乗せしてくれる。また、ART中に成立したボーナス時は、白7揃いからの0G連上乗せ演出の「百華繚乱」に期待。白7シングル揃い時は、継続率80%で上乗せゲーム数は10G〜300G。ダブルライン揃い時は、継続率が50%と下がるものの、上乗せゲーム数は100G〜300Gと3桁確定だ。また、ARTラストの妖撃ゾーンにも特化ゾーンが。早い段階で白7からART復帰となった場合は、残ったチャレンジ回数分は白7が揃ってゲーム数を上乗せしてくれるぞ。

バランスタイプのART機『パチスロ機動新撰組 萌えよ剣〜今宵、花散る』の導入予定日は、2014年12月8日からとなっている。

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:パチスロ機動新撰組 萌えよ剣〜今宵、花散る〜
このニュースの関連URL:北電子




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る