> > 新体験「W-ST」搭載の新感覚パチンコ機『CRどっキュンリゾート ハワイへん』が発売
ニュース
新機種発表
新体験「W-ST」搭載の新感覚パチンコ機『CRどっキュンリゾート ハワイへん』が発売
タイヨーエレック

CRどっキュンリゾート ハワイへん
パチンコ・パチスロメーカーのタイヨーエレックより、パチンコ新機種『CRどっキュンリゾート ハワイへん』が発表された。

本機はメーカーオリジナル機であり、新たに『W-ST』という滞在モードで大当たり期待度が変わる複数のモードを有している点が最大の特徴となっている。従来の機種にない、新感覚なパチンコ機を堪能できる。

スペックが大当たり確率約1/199、ヘソ入賞時賞球数『1個戻し』の新内規機対応機で、右打ち時の16R大当たり比率が50%という特殊スペック機。またスペックだけでなくゲージ構成面で工夫が施されているところもポイントだ。

まずステージに玉が乗り上げるとほぼ100%入賞する形状になっており、さらにワープ入口周辺は入賞しやすい形へと改善。合わせて、ヘソへの寄りは道釘にこぼれポイントがないため、大幅に寄りが強化されている。

この「脱・回らないパチンコ機」というコンセプトで、通常時のストレスを軽減させる設計となっている点は大きな特徴だ。

液晶演出では、タレントの「逢沢りな、小池里奈、とっきー」の3人がハワイを舞台に展開するストーリー。迫力ある可動役物との連動も見どころのひとつとなっている。

ゲーム性は滞在モードによって大当たり期待度が異なるところが勝負のポイント。「3・7図柄」大当たり後は、大当たり期待度約77%の「ティキ島バケーションモード」へと直接移行し、電サポ100回 or 次回大当たりまで継続となる。

「ティキ島チャレンジモード」は「3・7図柄以外の大当たり」の一部で移行。電サポ100回が確定となり、大当たり期待度は約48%となっている。ここで大当たりとなれば「ティキ島バケーション」へと移行する流れだ。

前述した通り、右打ち時の16R当たりが50%という点が勝負のポイントなので、注目して欲しい。

なお、店舗設置は12月15日より順次設置予定。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRどっキュンリゾート ハワイへん
このニュースの関連URL:タイヨーエレック




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る