> > 期待度を選択できる特化ゾーンが魅力の『パチスロ黄門ちゃま喝』発表
ニュース
新機種発表
期待度を選択できる特化ゾーンが魅力の『パチスロ黄門ちゃま喝』発表
オリンピア

パチスロ黄門ちゃま 喝
オリンピアより新機種『パチスロ黄門ちゃま喝』が発表された。パチスロでもお馴染みとなったシリーズ機だが、今回の魅力はなんといってもプレイヤーが任意に選択できる特化ゾーンの抽選比率だ。確実に上乗せを獲得するか、リスクを背負ってでも一撃にチャレンジするか。

1Gあたり約2.5枚純増のAT機で、通常時は2種類のチャンスステージを目指すことになる。液晶画面には左下の緑字、右下の赤字と2つのカウンターが用意されており、通常ゲーム消化中の成立役によって加算されていく。緑字のカウンターが310(みと=水戸に掛けている)に到達すると、自力チャンスゾーンに発展。赤字が310到達なら前兆ステージに移行する。

AT「水戸YELLOW GATE」突入時は、まず20Gを獲得したうえで、上乗せ特化ゾーンの入り口となる「印籠チャンス」から開始される。ここからの移行先は「通常上乗せ・勧善懲悪アタック・怒髪天・家康降臨」の4種類。通常上乗せは平均35G獲得。勧善懲悪は最低4G継続し、最大継続率90%の1G連上乗せで平均45G獲得。怒髪天は、5G以内に怒髪天絵柄が揃えば上乗せし、再度リスタートするSTタイプで平均90G獲得。家康降臨は、フリーズした秒数だけゲーム数を上乗せし、平均は160Gとなる。これらの振り分けをプレイヤーが任意で選べるのだ。

バランス薬……「上50%・勧30%・怒15%・家5%」
堅実薬……100%が40G上乗せ
挑戦薬……「上75%・勧0%・怒12.5%・家12.5%」

このように、何かしらの上乗せは確実に得られるが、ゲーム数上乗せを捨ててでも、ほかの特化ゾーンの期待値を上げたいという状況もあるだろう。その際は、MAXベットボタンを長押しして裏モードにしてみよう。

裏・バランス薬……「ハズレ48.8%・勧0%・怒51%・家0.2%」 裏・堅実薬……「ハズレ0%・勧99.8%・怒0.1%・家0.1%」 裏・挑戦薬……「ハズレ70%・勧0%・怒0%・家30%」

通常のゲーム数上乗せがなくなってしまうが、その分は各特化ゾーンへの振り分けが優遇される。もちろん、AT中も印籠チャンス突入を抽選。印籠チャンスが2回ループの確変機のように連チャンしまくる初代モードも搭載。状況によって使い分けるのがいいだろう。

『パチスロ黄門ちゃま喝』の導入は、2015年1月19日からを予定。どのタイプで消化するか、考えながらその時を待とう!

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:パチスロ黄門ちゃま 喝
このニュースの関連URL:オリンピア




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る