> > すべてが新しいカイジ最新作! 『CR弾球黙示録カイジ3』高尾より
ニュース
新機種発表
すべてが新しいカイジ最新作! 『CR弾球黙示録カイジ3』高尾より
高尾

CR弾球黙示録カイジ3
2014年12月8日、東京国際フォーラムにて高尾期待の新機種発表会が行われた。その名は『CR弾球黙示録カイジ3』。すでにシリーズ化されていて、本作で既に6作目となる高尾の人気パチンコである。

モチーフになっている「カイジ」は福本伸行氏による大人気ギャンブル漫画。いまだに連載が続いており、破天荒なキャラ設定に根強いファンも多い。

発表会はメディア関係者などで大盛況。PV映像に続いて、同社代表取締役副社長・内ケ島隆寛氏の力強い挨拶で幕を開けた。続いて広報宣伝部の徳永沙織氏により詳細な機種プレゼンテーションが行われた。

後半には、スペシャルゲストとしてお笑い芸人の「流れ星」が出演。定番のネタと巧みなトークで『CR弾球黙示録カイジ3』の魅力がたっぶりと語られた。

まったくみたことがない、新しいカイジとして登場した本機種。予想外の動きをする新枠「スパイラルインパクト」も同時発表になった。新筐体は遊技者を包み込むような大迫力のフォルムが特徴。せり上がり振動する「インパクトボタン」や、独特の作りの「ハンドル演出ボタン」「隠しキレパンダ」など従来機種では見られない役物も面白い。

スペックは大当たり確率1/394.7(高確率1/105.1)、確変突入率50.4%のV確STタイプとなっている。電チューからの大当たりの80%が16ラウンド(出玉約2400個)で、継続率80%とセットで波に乗れば、凄まじい破壊力を発揮するだろう。

ゲーム演出もスペックに相応しい迫力である。メインとなる演出はなんと言っても「インパクト兵頭フェイス」。17インチ巨大液晶を覆うように出現するこの役物は時にシースルー、時に実体化してプレイヤーの五感を刺激する。

さらに今作ではカイジシリーズ初となる衝撃の3DCG化を実現。原作にない立体的でリアルなアクションにより、今まで以上に深くカイジの世界観を表現している。また「カイジ一服予告」など、従来より人気のあった演出を踏襲しつつ、それぞれパワーアップしている。

己との闘いをモチーフにした新サイドストーリーや、期待度の高い「VSカイジリーチ」「焼き土下座リーチ」は必見!

全国のホール登場は2015年2月2日の予定。それに先駆けて、 高尾公式サイトも2014年12月8日よりリニューアルされる。打つ前の楽しみも増えそうだ。

インパクト抜群の新機種『CR弾球黙示録カイジ3』! ホール登場のその日を待て。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR弾球黙示録カイジ3
このニュースの関連URL:高尾




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る