> > 怪談×暴れん坊将軍『CR暴れん坊将軍 怪談』藤商事より
ニュース
新機種発表
怪談×暴れん坊将軍『CR暴れん坊将軍 怪談』藤商事より
藤商事

CR暴れん坊将軍 怪談
2014年12月16日。藤商事のパチンコの中でも抜群の人気を誇るシリーズ機種の発表会が行われた。新機種は『CR暴れん坊将軍 怪談』。

お馴染み、お茶の間時代劇の傑作「暴れん坊将軍」がモチーフ。今作は「怪談」という新しい要素を加え、江戸の町で起こる幽霊騒ぎに吉宗が挑むオリジナルストーリーが楽しめる。

発表会が行われた東京・上野にある同社ショールームは多くのメディア関係者で超満員となった。東京開発部プロデューサー・寺島顕志氏による機種プレゼンテーションに続いて、販売促進課・上平ひかり氏よりスペックと今後の販売展開の説明がなされた。

今作は新規撮り下ろしの実写映像をふんだんに取り入れ、かつてない物語展開やありえない臨場感を「VFX映像」で表現している。従来シリーズとは一線を画したヒト味違う面白さを追求しているのだ。

スペックは2種類用意。1つは大当たり確率1/399(高確率1/74)突入率60%でST120回転のマックス。そしてもう1つが大当たり確率1/269(高確率1/68)55%突入でST100回転のミドル。どちらも出玉振り分けタイプで、バランスのとれた仕様と言えるだろう。

藤商事らしい多彩な予告や前兆アクションは長時間でも遊技者を飽きさせることはない。大迫力の「神刀大家紋ギミック」や新搭載の「ローリングボタン」は、今までにないアクションでプレイヤーを圧倒する。

また「ラッキーパトチャンス」や「暴将軍ラッシュ」「怪談物語前兆ゾーン」「吉宗連続イベント」など、突如出現する多彩なチャンス演出から目が離せない。

連チャンゾーンのSTは「怪談モード」か「活劇モード」を選択できる。成仏か成敗か!? 手に汗握るアクションが満載なのだ。

全国のホール登場は2015年2月から順次となる。大いに楽しめる新しい暴れん坊将軍に期待が高まるばかりだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR暴れん坊将軍 怪談
このニュースの関連URL:藤商事




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る