> > 疑似ボーナスの融合がカギ『パチスロ サイバーブルー』が発表
ニュース
新機種発表
疑似ボーナスの融合がカギ『パチスロ サイバーブルー』が発表
三洋物産

パチスロ サイバーブルー
三洋物産より新機種『パチスロ サイバーブルー』が発表された。こちら、原哲夫氏によるSFマンガをモチーフにした作品だ。

本機は1Gあたり約2.5枚純増のATを採用し、疑似ボーナスを中心に展開される。初当たりから突入する疑似ボーナスは、主に2種類。押し順チャレンジに成功した場合に突入する「バイオボーナス」は、1セット15G。バトル継続タイプとなっており、負けるまで継続する。これに勝利すると“融合ボーナス”に昇格する。

レア小役成立時から突入する可能性がある「サイバーボーナス」は、40〜150G継続。レア小役成立時にゲーム数上乗せを抽選し、押し順チャレンジに成功すると(1stナビ or 全ナビが発生)“融合ボーナス”に昇格する流れだ。

「融合ボーナス」は、ブルー強化ゾーンから開始される。5G or 10G or 15G継続する間は、ベル成立時に攻撃ポイント、リプレイ成立時に守備ポイント、レア小役成立時に両方のポイントを獲得する。これらのポイントを持って、ブルー死闘ゾーンのバトルへ。攻撃が2000ptあれば必殺技を発動し、勝利確定。守備ポイントは敵からダメージを受けた際のHP扱いとなる。勝利すれば、残りのポイントを引き継いで、再びブルー強化ゾーンに。平均ループ数は約10回だ。

このバトル勝利時の一部は「ブルーエピソード」に発展。20G間、ブルーを強化できる。また、ポイント大量獲得のチャンスとなるブレードアタックとサラマンダーアタックも存在。ブルーを育てて大連チャンを目指そう!

ロングフリーズは、攻撃・防御の両方を大量獲得し、さらにブルーエピソードから開始ということで、一撃で大量出玉を獲得できるポテンシャルを秘めている。

このように、原作の世界観とゲームシステムが見事にマッチした『パチスロ サイバーブルー』、2015年3月2日からホールへの侵攻を開始する予定だ。

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:パチスロ サイバーブルー
このニュースの関連URL:三洋物産




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る