> > 初心者も演出と連チャンを楽しめる『押し順ケロルン』発表
ニュース
新機種発表
初心者も演出と連チャンを楽しめる『押し順ケロルン』発表
山佐

押し順ケロルン
山佐より新機種『押し順ケロルン』が登場する。『ケロット』シリーズでお馴染みケロルンが主人公だが、これまでとはひと味異なるスペックゆえ、さしずめスピンオフ的な作品とでも言おうか。

システムはATだが、疑似ボーナスでコインを増やすゲーム性となっている。ノーマルタイプのような打ちやすさと、疑似ボーナスならではの連チャン性が同居しているのが特徴だ。

BBは平均215枚の純増で、最大の合計が30Gの小役ゲーム(1Gあたり約2.9枚純増のAT)と、最大3セットのJACゲームから構成される。RBについては、押し順ベル10回のJACゲーム1セットのみとなっており、約50枚の純増となっている。

両ボーナス中ともに、通常時よりも高確率で疑似ボーナスのストックを抽選しており、ストックを獲得できた場合はボーナス終了後32G以内に放出……という連チャン性能が醍醐味だ!

BB中は小技を効かせることで、獲得枚数を増やすことができる。まず、2回目の小役ゲームまではナビ通りに順押ししてリプレイを揃えてJACインさせよう。3回目は、JACイン役成立時に「順押し or 逆押し」のナビが発生する。残りゲーム数が多い時は、逆押しをすることでJACインをハズし、BB総ゲーム数の引き延ばしにチャレンジしよう。これにより、1回あたり約30枚のプラスを見込める。ただし、小役ゲームの合計が30Gになると、BBは終了してしまうので要注意。3回目のJACインをさせられないままBBが終わってしまう(パンクする)こともあるので、ハズシ過ぎには気をつけたい。

この「JACハズシ」は、目押し不要。1回消化すれば理解できることだろう。それ以外の要素もわかりやすく、楽しめる工夫が随所に詰め込まれている。

連続演出は『パチスロ ケロット3』の特色を引き継ぎ、期待度をハートの数で示してくれるので、予備知識がなくても楽しむことができる。また、ボーナスも完全告知の安心設計。告知後は絵柄を揃えられなくても3G回すと自動でスタートする仕組みだ(フリーズ中でコインロスは発生しない)。それだけでなく、1BETボタンを押せばそのまま自動で揃ってくれる機能も搭載。目押しが苦手でも時間効率すらロスせずに済むぞ。

わかりやすさと連チャンのスリルが魅力の『押し順ケロルン』。導入は2015年6月下旬からだ。

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:押し順ケロルン
このニュースの関連URL:山佐




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る