> > V確、クル!『CRリング 呪い再び』藤商事より
ニュース
新機種発表
V確、クル!『CRリング 呪い再び』藤商事より
藤商事

CRリング 呪い再び
藤商事を代表する大ヒットパチンコとなったあのシリーズが帰ってくる。その名も『CRリング 呪い再び』。和製ホラー映画の傑作として、認知度も高い「リング」がモチーフだ。

新機種発表会が行われた2015年5月22日。東京・上野にある藤商事ショールームはメディア関係者で大盛況となった。発表会に先立ち、新生FUJI☆GIRLsの新コスチュームの紹介と挨拶が行われた。その後は販売促進課の上平ひかり氏の進行にて始まり、プロモーション映像に続いて、名古屋開発部ディレクター大出和幸氏による詳細な機種説明が行われた。

前作『運命の日』よりもスペックの強化をはかり、突入率と出玉がアップされた本機種。シリーズ初の8個保留を搭載しており、そのために確変突入率がアップしている。新演出も強化されており、「砂時計予告」や「呪いのビデオ予告」は迫力満点である。予告やリーチのバランスを大きく見直したことによるゲーム性の強化は素晴らしい。

スペックはマックスのみ!という外連味のなさ。大当たり確率1/399(高確率1/62)突入率70%、ST100回転継続率は約80%で、出玉感も高い。展開によってはあっという間のドル箱タワー完成もありうるだろう。

ゲーム性の中心となる迫力の「貞セグ」役物完成、「運命フラッシュ予告」「呪いの手落下ギミック」「猫群」などの激アツアクションも見逃せない。連チャンの大チャンスとなる「呪い連鎖ST〜運命ノ刻〜」はゲーム性を一新しており、回転数ごとにデジャブパニックのモードが変化する仕組みだ。

なお、今作より「ランクアップ式特殊ボーナス」が採用された。これはラウンド継続時に呪いの手が落下するほど続いていくというもので、最大出玉は約2100個にもなる。打てば打つほどその魅力にはまりそうだ。

恐怖のゲーム性と爆発的な出玉感が融合した『CRリング 呪い再び』。全国のホール登場は2015年7月6日から順次となる。真夏にふさわしい人気機種となることは間違いなさそうだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRリング 呪い再び
このニュースの関連URL:藤商事




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る