> > ジャッジメントリング再び! 『SLOTシャドウハーツII-運命の道標-』が登場
ニュース
新機種発表
ジャッジメントリング再び! 『SLOTシャドウハーツII-運命の道標-』が登場
ユニバーサルブロス

SLOTシャドウハーツII-運命の道標-
ユニバーサルブロスより新機種『SLOTシャドウハーツII-運命の道標-』が発表された。2008年12月に登場し、次世代型の技術介入要素“ジャッジメントリング”など、多くのファンを魅了したタイトルが、ここに復活!

ユニバーサル系としては初となる新基準に対応したART機。システムはボーナス+ARTとなっており、ARTの純増はボーナス込みで約2.1枚となっている。ARTは通常時から突入することもあるが、ボーナス経由がこの機種ならではのものとなっている。

ボーナスは全部で9種類。フリーズを伴う「天凱凰ボーナス」は、純増204枚で高ループ率のARTも確定するプレミアム的な存在。それ以外は、黄BARと紫BARの並びが8種類で、純増は102枚。基本的に異色揃いよりも同色揃いがアツくなっている。

この8種類のボーナスは、液晶上で「幻影ボーナス」とART確定となる「再生の刻」に分類される。幻影ボーナスだった場合は、4種類から選択したモードによって、ART突入率と突入時のループ率が変化する。

ボーナス中は“ジャッジメントリング”が発生する可能性あり。リングには色がついており、3リールとも色のある部分でストップボタンを押せれば成功。これによって、ART突入抽選やARTゲーム数上乗せを抽選してくれる。1周で一気に押したほうが期待度は高くなるようだが、無理をして失敗してはもったいない。慣れるまでは確実に色のあるところで押すようにしよう。

ART「幻影ラッシュ」は、突入時にフュージョンドライヴでゲーム数を決定する。この際に出現するモンスターによって獲得ゲーム数の期待度が変化。最低保証は30Gだが、もっとも強力なアモン出現時は最低150G以上となる。なお、このフュージョンドライヴは、ART中にも発生する可能性あり。

ジャッジメントリングはあるが、ボーナスを揃える以外の目押しは必要ないので、誰でもシンプルなゲーム性を楽しめる。フュージョンドライヴに一喜一憂できる『SLOTシャドウハーツII-運命の道標-』の導入は、2015年8月24日が予定されている!

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:SLOTシャドウハーツII-運命の道標-
このニュースの関連URL:ユニバーサルブロス




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る