> > ループしまくりの上乗せ特化ゾーンを搭載『パチスロストライクウィッチーズ』が登場
ニュース
新機種発表
ループしまくりの上乗せ特化ゾーンを搭載『パチスロストライクウィッチーズ』が登場
オーイズミ

パチスロストライクウィッチーズ
オーイズミの新機種『パチスロストライクウィッチーズ』のプレス発表会が、去る6月25日に汐留シティセンターにて開催された。エイラ役の大橋歩夕さんと、サーニャ役の門脇舞以さんによるトークショーとミニライブが華を添えてくれたぞ。

この機種を開発している間に新検査方式となることが決まり「修正を加えることによって、より面白いものとなった」と大泉秀治社長が述べたように、システムは新基準AT。通常時のベースが高めで、ATの純増は1Gあたり約2.2枚となっている。

通常時は、モード方式でATやチャンスゾーン(以下、CZ)を抽選。最大でも256G+前兆でCZに突入する。そのCZは2種類。期待度約33%の「ネウロイの巣モード」と約50%の「お風呂モード」だ。

初当たりからATとなることもあるが、メインは疑似ボーナスとなる。BBはAT55Gで純増約120枚。RBはAT30Gで純増約65枚。BB中は、白7揃いでAT突入。RB中はレア小役成立時に獲得したポイントによって、AT突入や終了後のモードを抽選する。

AT「ウォーロットモード」は枚数管理型となっている。まず突入時の白7揃いで、上乗せ特化ゾーン「ストライクRUSH」が発生する。ストライクRUSHに突入すると5種類の上乗せタイプ「ストライクSPIN」が発生し、それぞれのタイプに応じて上乗せがループするのが特徴だ。

枚数加速タイプは、ループ率0〜92%で期待枚数は約50〜530枚。継続するほど1回あたりの獲得枚数が上昇する。
連撃タイプは、ループ率65〜94%で期待枚数は約100〜530枚。1セット3回の上乗せが発生。
枚数分裂タイプは、最大32個まで分裂。期待枚数は約290枚〜約970枚だ。
BETコンボタイプは、ループ率98.8%で期待枚数は約480〜1020枚。20コンボごとに大量上乗せ。
フリーズ時間継続乗せタイプは、ループ率96.5%で期待枚数は約1020枚となっている。

このように1つ1つの上乗せにもループ性能を有した夢のあるものとなっているが、ストライクSPINを発生させる白7揃い自体にもループする特徴があるのだ。初回突入時は最低保証2回。白7のダブル揃いなら5回を保証!

AT消化中もストライクRUSH直撃と、その自力CZとなるストライクチャンスに期待。ストライクRUSH当選まで毎ゲーム上乗せ抽選する「赤城モード」も存在。これも75%でループするぞ。

ループ×ループの撃乗せシステム“ウィッチループ”が魅力の『パチスロストライクウィッチーズ』。その導入は2015年8月3日からの予定だ。

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:パチスロストライクウィッチーズ
このニュースの関連URL:オーイズミ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る