> > Rio、おなじみのシステムでホールにカムバック! 『スーパーブラックジャック2』発表
ニュース
新機種発表
Rio、おなじみのシステムでホールにカムバック! 『スーパーブラックジャック2』発表
ネット

スーパーブラックジャック2
2003年、美しすぎるディーラー・Rioの鮮やかなカードさばきがストックシステムによる連チャンでホールを席巻した「スーパーブラックジャック」の正統後継機がネットから発表された。

ゲームシステムの要は、ボーナスの1G連とボーナスストックの大チャンスとなるART・ストックタイムが魅力。

ボーナスは本物、疑似の2種類があり、ボーナス中のレア小役などで疑似ボーナスの1G連を抽選し、リーチ目出現が1G連のシグナルとなっている。1G連で放出されるボーナスは疑似ボーナス。白7揃いの「Rio BIG」が純増約120枚、白7・白7・BARの「Rio REG」が純増約60枚となっている。

ストックタイムは1セット50G、1Gあたり約1.7枚の純増のARTで、この間はボーナスストックの期待度が大幅にアップしており、1G連の絶好の機会となっている。さらに、ここからリーチ目高確ゾーンの「リナチャンス」もあり、ひとたびストックタイムに突入すればボーナス連打に期待が持てるというわけだ。

またRioの活躍を楽しめる『スーパーブラックジャック2』、2015年11月16日よりホールデビューだ。

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:スーパーブラックジャック2
このニュースの関連URL:ネット




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る