> > 大当たりを予言する斬新システム搭載!『CRデラマイッタ3rd』
ニュース
新機種発表
大当たりを予言する斬新システム搭載!『CRデラマイッタ3rd』
豊丸産業

CRデラマイッタ3rd
豊丸産業は6月6日、上野ショールームにて新機種『CRデラマイッタ3rd』のプレス説明会を開催した。本機はシリーズ3作目で、初代は1998年に、2作目は2005年に登場。どちらも巨大な7セグがインパクト抜群だったが、最新作はさらに大きくなり、その中には「FIREギミック」といった可動役物も搭載されている。

スペックはライトミドルと遊パチの2タイプをラインナップ。確変は60回のSTで、特定大当たり後はST後に40回の時短が付き、また通常大当たり後にも100回(遊パチは60回)の時短が付く。そのため大当たり後は必ず電サポが付く仕様だ。

大当たり後に突入する電サポモード「大予言タイム」も本機の特徴の1つ。巨大7セグのメモリを使って60回転を表示しているのだが、モード突入時に大当たりを予言する箇所を黄色のメモリか表示している。果たして予言は的中するのか、その瞬間は思わず息を呑んでしまうぞ。

演出では3大演出の「ジャンボ7セグ演出」「FIREギミック」「赤保留」が見どころ。また「スクエアフラッシュ予告」「スワンリーチ」「カモンリーチ」など懐かしのアクションも搭載されている。

約10年ぶりに復活し、さらなる進化を遂げた『CRデラマイッタ3rd』は7月19日よりホールデビューする予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRデラマイッタ3rd
このニュースの関連URL:豊丸産業



  • ニュース写真

    カコミ撮影はコンパニオンと営業部の山田氏の3人で

    写真を拡大

  • ニュース写真

    進行から機種説明まですべて営業本部の山田氏が担当

  • ニュース写真

    試打機を見ると巨大7セグがどれだけ大きいかがわかる


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る