> > 「分数管理型」ART!?『パチスロ ウィッチマスター』発表
ニュース
新機種発表
「分数管理型」ART!?『パチスロ ウィッチマスター』発表
山佐

パチスロ ウィッチマスター
9月13日、山佐は新機種『パチスロ ウィッチマスター』の発表会を、秋葉原・パセラAKIBAエンターテインメントにて開催した。

「ウィッチマスター」は2013年よりプロジェクトが始動し、「コミックマーケット」や「マチアソビ」といったイベントでもブースを出展するなど、注目を集めている山佐の完全オリジナルコンテンツ。

プロジェクトの中核であるパチスロ機は、世界観だけでなくゲーム性も作り込まれており、特にART「マジカルダイブ」が象徴的な存在となっている。
ARTはいわゆるSTループタイプとなっており、ART中にバトルに発展した時点でループ確定(ゲーム数を巻き戻して再スタート)。さらにバトルの結果によって恩恵が変化し、「勝利」なら獲得した上乗せゲーム数がベースカウント(基本ゲーム数)以下になるまで、上乗せ特化ゾーン突入のチャンスとなる「オーバーライドモード」へ。一方、「引き分け」の場合はベースカウントがアップ(40G→50Gなど)する。
バトルには「負け」がないので、ART中は純粋にバトルへ発展するほどチャンスが広がるという訳だ。

気になる導入は、11月上旬より。パチスロ機以外での展開にも大いに注目しよう。

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:パチスロ ウィッチマスター
このニュースの関連URL:山佐



  • ニュース写真

    キャラクターデザインは人気イラストレーター「黒銀(くろぎん)」氏が担当

  • ニュース写真

    総勢17名の人気声優も起用されている

  • ニュース写真

    物語の舞台は二人一組で魔法を制御する「クロスオーバーメソッド」という技術が確立された世界

  • ニュース写真

    発表会では人気声優・歌手の原田ひとみさんがメインテーマ「MAGICAL JOURNEY」を熱唱

  • ニュース写真

    主催者あいさつとして、東京開発部部長、川崎氏が今後の展望などを語った

  • ニュース写真

    ステージ上も含め、約30台の試打機を開放


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る