> > 麻雀がモチーフの名機が23年ぶりに復活!『CR麻王DX』
ニュース
新機種発表
麻雀がモチーフの名機が23年ぶりに復活!『CR麻王DX』
西陣

CR麻王DX
12/20、西陣は上野ショールームにて新機種『CR麻王DX』の機種説明会ならびに内覧会を開催した。本機は1993年に登場した初代『麻王』のリメイク機で、シンプルで分かりやすいゲーム性や法則などは継承しつつ、新たなエッセンスが加えられている。

その最大の特徴がスペックだ。大当たり確率は1/67.35と一般的な遊パチタイプよりも甘く、確変は突入率10%(電チュー100%)・10回までで、確変後は60回転の時短も付くという、いわゆる「突破型」の仕様。ST継続率は約65%で、時短60回の継続率も約59%と高いため、STにさえ突入すれば遊パチとは思えない連チャンが味わえる。

演出は「ノーマル」「告知」「シンプル」の3種類から自由に選択できる。ノーマルではバランスのとれた演出が楽しめ、告知では液晶横の「ハピネスランプ」がポイントで、ノーマルは初代を彷彿とさせるあっさりとしたゲーム性となっている。また初代の図柄を再現した「全回転リーチ」も見どころの1つだ。

西陣が誇るデジパチの名機をリメイクした『CR麻王DX』は2/20よりホールデビューする予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR麻王DX
このニュースの関連URL:西陣



  • ニュース写真

    午前中に行われた説明会はプレス関係者でギッシリ

  • ニュース写真

    広報宣伝部の田氏の挨拶からスタート

  • ニュース写真

    ショールーム外観には龍がいっぱい

  • ニュース写真

    午後の内覧会も大混雑


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る